on-the-time.jp

2011年10月11日

アルミニウム価格が低下。

BBC NEWSは、利益での急騰にもかかわらず、米国のアルミニウム・メーカーであるアルコア(Alcoa)は、四半期決算を発表し、アナリストの期待をよく満たさなかったと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

今、世界中にアルミニウムが氾濫し、1日に1回も触らなかった日がないほどになっている。

1年前のUS$6100万と比較して、2011年09月末日までの3か月の間で純益はUS$1億7200万でった。

販売は、US$64億2,000万で21%上昇した。

しかし、ヨーロッパのより低いアルミニウム価格およびより弱い要求は、利益が前の四半期から急激に落ちることを意味した。

アルコアは、時間外取引で失われた株価の結果共有した。

最高経営責任者クラウス・クラインフィールド(Klaus Kleinfeld)は、不確かな経済予測がアルミニウム価格に影響していたと言った。

アルミニウムは昔、金に匹敵する金額で取引されてことを知っている人も少なくなった。

1808
Sir Humphrey Davy (Britain) established the existence of aluminium and named it.

1821
P. Berthier (France) discovers a hard, reddish, clay-like material containing 52 per cent aluminium oxide near the village of Les Baux in southern France. He called it bauxite, the most common ore of aluminium.

1825
Hans Christian Oersted (Denmark) produces minute quantities of aluminium metal by using dilute potassium amalgam to react with anhydrous aluminium chloride, and distilling the resulting mercury away to leave a residue of slightly impure aluminium.

1827
Friedrich Wöhler (Germany) describes a process for producing aluminium as a powder by reacting potassium with anhydrous aluminium chloride.

1845
Wöhler establishes the specific gravity (density) of aluminium, and one of its unique properties - lightness. 1854 Henri Sainte-Claire Deville (France) improves Wöhler's method to create the first commercial process. The metal's price, initially higher than that of gold and platinum, drops by 90% over the following 10 years. The price is still high enough to inhibit its widespread adoption by industry.

1855
A bar of aluminium, the new precious metal, is shown at the Paris Exhibition.

1885
Hamilton Y. Cassner (USA) improves on Deville's process. Annual output 15 tonnes!

1886
Two unknown young scientists, Paul Louis Toussaint Héroult (France) and Charles Martin Hall (USA), working separately and unaware of each other's work, simultaneously invent a new electrolytic process, the Hall-Héroult (pop up photo/ patent) process, which is the basis for all aluminium production today. They discovered that if they dissolved aluminium oxide (alumina) in a bath of molten cryolite and passed a powerful electric current through it, molten aluminium would be left at the bottom of the bath.

1888
The first aluminium companies founded in France, Switzerland and the USA

1889
Karl Josef Bayer (Austria), son of the founder of the Bayer chemical company, invented the Bayer Process for the large-scale production of alumina from bauxite.

1900
Annual output 8000 tonnes.

2007
Annual output has steadily risen since 1900 with the latest figures being XX tonnes per annum.

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。