on-the-time.jp

2011年10月11日

サウジ大使暗殺計画を制圧!?

ワシントンポスト(Washingtonpost)は2011年10月12日に、米国の司法長官エリック・ホルダー(Eric Holder)が2011年10月11日火曜日に記者会見を開き、ワシントン駐在のサウジ大使の暗殺を目指したイラン政府の党派に支持され2人のイラン人を告発し、精巧なテロ計画を妨害したと発表したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

容疑者の1人は、米国の市民権を持ったイラン人で、先月、ニューヨークで逮捕された。
もう一人は、イランに逃げ帰った。

エリック・ホルダーは、「米国はそのアクションに責任のあるイランを逮捕することを約束します。」と言った。

彼は、米国が後でイランに対して「一層の制裁処置を講ずるだろう、」と付け加えた。

逮捕されたのは、オースチン(Austin)に住む56歳のマンソール・アルバブシアー(Manssor Arbabsiar)と、海外事業に責任を負う革命防衛隊団体のエリート部門Iran's Quds Forceのメンバーで、イランに住むゴーラム・シャクリ(Gholam Shakuri)であったと確認された。

職員は、サウジ大使アデル・アル-ジュビール(Adel al-Jubeir)を殺すことに加えて、その後のプロットとして世界中で目標攻撃を仕掛ける構想を描いたと言った。

職員は、マンソール・アルバブシアーが大使を殺す計画がテヘランによって指図され、Iran's Quds Forceの高官である人によって彼が募集され資金提供されたと認めた、と言った。

イランの通信社IRNAによれば、この発表の直後に、イラン政府はそれらを「アメリカのプロパガンダ(American propaganda)」の新ラウンドと呼んで、罪名を否定した。

職員は、大使に関するプロットの詳細を解説し、大使の殺害を整えるために、メキシコの麻薬カルテル代表を装ったDEA情報提供者にマンソール・アルバブシアーが合ったと話した。

火曜日に後悔された刑事告発によれば、マンソール・アルバブシアーは大使の殺人を行なうために4人を必要とし、彼がそのオペレーションにUS$150万を払うだろうとDEA情報提供者に伝えた。

申し立てによると、マンソール・アルバブシアーは、その後US$10万がFBIによって実際に監視されたアカウントに振り込むさように準備した。

FBI長官ロバート・ミュラー(FBI Director Robert Mueller)は、
「それはハリウッドの台本ページのように読めました。」
しかし、「インパクトは非常に真実だった。」と言っている。

NSC(National Security Council /国家安全保障会議)のスポークスマンは、オバマ大統領(President Obama)が6月にその場合について事前に説明したと言った。

米国は1984年以降、イランをテロリストのスポンサーとして、リスト化している。
テヘラン政府は、長い間テロリズムを支持するという告発を否定した。

イランとサウジアラビアの大部分は、派閥的な競争によって燃料を供給された長期間にわたる中東の矛盾の中で苦しんできた政敵でもある。

主にスンニ派イスラム教(Sunni Muslim)の君主制であるサウジアラビアと、1979年の革命でシャー・モハマド・レーザ・パフレヴィ(Shah Mohammad Reza Pahlavi)を倒し、神権政治の政府に取り替えて以来、イランのシーア派(Shiite)のリーダーシップによって脅かされたと感じた。

49歳のサウジ大使アデル・アル-ジュビールは、アブドラ国王(King Abdullah)の元トップ外交問題アドバイザーで、2007年1月にサウジアラビアの米国駐在の大使に任命された。

彼はアラビア語、英語、ドイツ語が話せ、ノース・テキサス大学から国際関係の学士、ジョージタウン大学から政治学および経済学の修士を受けている。

FBI長官が言っているようにスパイ映画のようなことが本当に起こっているのか?
それとも、米国のお得意プロパガンダか?

いずれ明らかになるかもしれないが、嘘に嘘を塗り固める外交問題はわからない。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。