2011年10月11日

世界映画界は、インド映画に興味津々!

BBC Newsは、最近終えられたトロント映画祭(Toronto Film Festival)からの新種の映画に対する興味に関して映画評論家サイバル・チャタジー(Saibal Chatterjee)の報告書で、インド映画はグローバルな映画産業の中で、その季節に風味を与えているようだろ報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

世界はもう一つのスラムドッグ$ミリオネア(Slumdog Millionaire)を明らかに捜している。
ダニー・ボイル(Danny Boyle)の精神への叙情詩ムンバイ(ボンベイ)の「弱音を吐くな(never say die)」が注目を集めている。

36th TIFF(36th Toronto International Film Festival/第36回トロント・インターナショナル映画祭)の映画のうちの4作品は、亜大陸でセットされたか、あるいはインド関連のテーマで触れられた。

トロントは、次にオスカー(OscarsGolden Globes)、ゴールデン・グローブ()およびバフタ一(Baftas)に前に、それがキャデラックに人々のチョイス賞を得させた時、スラムドッグ$ミリオネアがその全克服する旅に出た場所である。

その最も今年が、元あったフェスティバルでインド・テーマの映画に予告された多作の中で、イギリス映画製作者マイケル・ウィンターボットム(Michael Winterbottom)による「Trishna」があった。

今年の初めに、マイケル・ウィンターボットムは、それがインドに関連していた場合に、映画用に資金調達を得るほうが簡単であるとインドの通信社に伝えた。

「Trishna」は、1890年代イギリスから同時代のラジャスタン8Rajasthan)へトマス・ハーディ(Thomas Hardy)による遅いビクトリア時代の小説「Tess of the d'Urbervilles」で混合された、情緒的なインパクトの点からも芸術的な達成の点からも注目されていると報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。