on-the-time.jp

2011-10-11

世界映画界は、インド映画に興味津々!

BBC Newsは、最近終えられたトロント映画祭(Toronto Film Festival)からの新種の映画に対する興味に関して映画評論家サイバル・チャタジー(Saibal Chatterjee)の報告書で、インド映画はグローバルな映画産業の中で、その季節に風味を与えているようだろ報告した。

[AD] You can advertise on this site.

世界はもう一つのスラムドッグ$ミリオネア(Slumdog Millionaire)を明らかに捜している。
ダニー・ボイル(Danny Boyle)の精神への叙情詩ムンバイ(ボンベイ)の「弱音を吐くな(never say die)」が注目を集めている。

36th TIFF(36th Toronto International Film Festival/第36回トロント・インターナショナル映画祭)の映画のうちの4作品は、亜大陸でセットされたか、あるいはインド関連のテーマで触れられた。

トロントは、次にオスカー(OscarsGolden Globes)、ゴールデン・グローブ()およびバフタ一(Baftas)に前に、それがキャデラックに人々のチョイス賞を得させた時、スラムドッグ$ミリオネアがその全克服する旅に出た場所である。

その最も今年が、元あったフェスティバルでインド・テーマの映画に予告された多作の中で、イギリス映画製作者マイケル・ウィンターボットム(Michael Winterbottom)による「Trishna」があった。

今年の初めに、マイケル・ウィンターボットムは、それがインドに関連していた場合に、映画用に資金調達を得るほうが簡単であるとインドの通信社に伝えた。

「Trishna」は、1890年代イギリスから同時代のラジャスタン8Rajasthan)へトマス・ハーディ(Thomas Hardy)による遅いビクトリア時代の小説「Tess of the d'Urbervilles」で混合された、情緒的なインパクトの点からも芸術的な達成の点からも注目されていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE