2011-10-10

シカゴ・マラソンを完走した数時間後に、出産した女性!

美容と医学の科学

BBC Newsは2011年10月11日に、アンバー・ミラー(Amber Miller)は、シカゴ・マラソン(Chicago Marathon)を完走し、娘を産んだ後に「私の生活で最長の日(longest day of my life)」と叫んで幸せであると言ったと報告した。

彼女はシカゴ・マラソン(Chicago Marathon)を完走した後に、休息をとる代わりに、妊娠していたアンバー・ミラーは出産した。

アンバー・ミラーは妊娠39週目であった。

彼女は健康な7.7ポンド(3.5kg)の少女「ジュン(June)」を産んだ。

彼女のゴールは、テープではなく、出産だった。

27歳の彼女にとって、マラソンは8回目であった。

彼女はすでに、子供を一人産んでいる。

マラソンで走行中の出産しなくて良かった。

ドクターストップで、彼女が半分を走行し、ハーフ・ザ・ディスタンスを歩行した。

彼女がAP通信社に、
「私にとって、それは通常のことからの何ではありませんでした。」
「私は、そのポイントまでとにかく走っていました」
「私はランニングに夢中です。」
と言っている。
レースを半分歩かせたので、彼女は26.2マイル(42.16km)のコースを6:25で完走した。
それは彼女の通常のペースより遅かった。

「完走数分後に、収縮は正常であるというより強くなりました。私は、何が起こっているか理解しました」と彼女が言った。

「それらがより規則的になった時、私たちはサンドイッチを食べました。そして次に、私たちは病院へ発ちました」とミラー夫人が付け加えた。

日本では出産すると、1週間くらい入院するが、欧米ではすぐに退院手続きをして自宅に帰る。
彼女の場合は、出産まで走り、病院で出産して、すぐに自宅に帰ったのだろう。
実に安く付いた出産である。

シカゴ・マラソンのスポンサーは、大量解雇を発表したBank of Americaだから、彼女から実に安く付いた出産を紹介し、経費削減方法は、エンジョイすることだと訴えるべきだろう。

もう、スター・ランナーは、早いだけではなくなった。