2011-10-10

中国のウォール・マート、豚肉調査で一時強制閉鎖。

BBC Newsは、中国のウォルマート(Wal-Mart/沃尔玛)は、虚偽表示された豚肉を売ったことで非難された後に、店のうちのいくつかを一時的に閉じなければならなくなったと報告した。

重慶(Chongqing)の地方自治体は、会社が偽って有機加工した肉を広告したと言った。

新華社は、そのような豚肉が合計で2年間に63,547kg含まれていたと職員が主張したと伝えている。

ウォルマートは、合計13店舗が15日間閉鎖したとBBCに伝えた。

店には、「沃尔玛冉家坝店店门上贴出停业整顿的公告。」が表示された。

米国本社は、重慶公安局によって、従業員のうちの数人が拘留されたと言った。

小売り業者は、調査に協力するため、特別対策本部を派遣しており「これが再発しないことを保証する必要なステップを取っている。」と言った。

顧客は一連の食物スキャンダルに続き、「有機的な加工豚肉」を買うために引きつけられた、ということを何人かの観察者が提出した。

その年で以前にも、中国の国営テレビ中央電視台は、国の最大の食肉加工業者のうちの一社が、不法な付加的なクレンブテロールが与えられたブタを売ったと報告した。

この薬は、低脂肪肉を生産するのに役立つが、心臓病の人々に危険であった。

双汇集团(Shuanghui Group)は、製品の内いくつかをリコールし、買物客に謝罪しました。

多数の人々は、同じ物質を含んでいる考えられる2009年に起こった別の汚染された豚肉の事件の後に、気分が悪くなったと報告していた。

中国はウォルマートにとって、最も急成長している市場のうちの1つで、2011年8月に、国際チーフのダグ・マクミラン8Doug McMillon)は、中国だけで344店舗があると言っていた。

これらのうち、53店舗はこの12か月の間にオープンした。

ネット販売は9.7%であった。

顧客は、特定品目上でそれらに不当要求したと苦情を言った。

中国の国家発展改革委員会は2011年2月に、19店舗で価格を操作したことで、ウォルマートおよびそのフランスのライバル、カルフールを非難しました。