2011-10-10

Blackberryサーバー・クラッシュで、何百万ものユーザーがサービス不能。

BBC Newsは、サーバー・クラッシュ(server crash)で、何百万ものブラックベリー(Blackberry)・スマートフォン・ユーザーがサービス不能であったが、RIMは電子メール・サービスが回復したと報告した。

しかし、その問題を完全修正するために活動した一方、インスタント・メッセージングとブラウジングのサービスを備えた継続した遅れを注意している。

サーバー衝突の源は、ヨーロッパ、中東およびアフリカを横切ってブラックベリー・サービスを扱う泥沼のデータセンターであると考えられている。

ブラックベリー・イギリスは以前に、その問題のことを知っており、「調査していた」と言っていた。

RIMはステートメントで、
「私たちの技術チームは通常動作にサービスをできるだけ速く返すために活動しています。」
「私たちはいろいろな不便を顧客にお詫びします。また、新しい情報が利用可能になるとともに、私たちは最新版を提供し続けるでしょう。」
14:42 BST頃に送られたメッセージでブラックベリーイギリスは
「EMEAの中の何人かのユーザーは問題を経験しています。」
後のステートメントでブラックベリーは、
「ヨーロッパ、中東およびアフリカに現在何人かのブラックベリー加入者を密着させる問題を解決するために活動していた」と言いました。

2011年10月10日午前に、その問題について不平を言う顧客からのツイーツに答える時、イギリス、エジプト、クウェート、カタールおよび他の国の携帯電話会社は、RIMに責任指し向けた。

多くの法人顧客は、問題がBES企業システムではなく、ブラックベリーのBIS消費者システムにあったことを示唆して、彼らがサービスを失っていなかったと言った。

SembeeのマイクロソフトExchangeコンサルタントであるサイモン・バトラー(Simon Butler)は、
「ブラックベリーは2つのインフラストラクチャーを実行します。」
「私が持っていると理解するところでは、BISのサービスが衝突したということです。」
「企業ブラックベリーは今までどおりメッセンジャーと消費者サービスを使用することができるが、ビジネス側はサーバーの異なるセット上で走ります。したがって、それらは影響されます。」と言っている。

問題の最初のサインは11:00 BSTに関して出現したが、ブラックベリー、およびTwitter上で向かうそのBBMサービスに関するタグで拡大したように見えた。

初期の報告書では、イギリスの新聞「デーリーテレグラフ(The Daily Telegraph )」は「重大なブラックベリー憤慨(serious Blackberry outrage)」として1人のTwitterユーザーを引用した。