2011-10-04

バーレーンでの集団抗議行動で、27人を投獄。

BBC Newsは、バーレーン(Bahrain)の法廷は今年の初めに不安の中で、27人に最大15年の刑を言い渡したと報告した。

シーア派野党メンバー14人を含むが、民主化を要求する抗議デモにおける彼らの役割のために10年以内の刑を言い渡された。

BNA(Bahrain News Agency/バーレーン通信社)は、警官モハマド・ナヤフ・アル・ファラー(Mohammad Nayef Al Falah)の誘拐のために、9人が15年の刑を受け、警官セイフ-アラー・モハマッド・イブらハム(Saif-Allah Mohommad Ibrahim)の誘拐で、4人の10年の実刑判決を出した。
合計で13人が、2人の警官の誘拐のために5〜15年の刑を言い渡された。

不法な抗議を組織し、誤りのニュースおよび噂の放送で、6人に10年の刑が言い渡され、バーレーンの評判を傷つけた外国の写真の送信を含んで、8人に5年の刑を言い渡した。

裁判の間に、当局は計画された反対抗議を禁止した。

有罪と判決されたもののうちの何人が反対のイスラム教のアクション協会アマール(Amal)のメンバーであることが報告された。

政府は、その動きでアメリカによって批評されるまで、al-Wefaqと共に解散することを計画した。

月曜日に、別の殺人事件および殺人未遂で、36人を投獄している。

さらに月曜日に、反政府抗議者を援助することで有罪判決を下された20人の医者および看護師に、刑期5〜15年の間で、収監が課された。

バーレーンの安全保障会議書記タラク・ムバラク・ビン・ダイナ(Tarak Mubarak bin Daina)は、水曜日にマナマの重要な路上での人間の鎖抗議を行なった主なシーア派反対al-Wefaq党による計画が「公安を挫折させて、交通の滑らかなフローを閉鎖するだろう」と言った。

バーレーンのシーア派のイスラム教のコミュニティーから大部分は引き出された民主派の抗議者は力に対するその支配を放棄し、かつ自由に選ばれた政府を許可する、200年間続いた支配するスンニ派イスラム教徒王朝を要求するために今年の初めにデモに参加した。

政府抗議者を扱った医者および看護師の投獄に関して抗議したいアル=ウエファク(Al-Wefaq)は、この禁止を「不法である」と評した。
その動きは、国際的な人権擁護団体、国連および西洋の医師会からの抗議を促した。

彼はそれが「表現の自由上の制約の表示」である、と党がそのFacebookページ上で言った。

バーレーンの検事総長は、それらの文に対する有罪と判決された医者のうちの数人による提訴が、2011年10月23日に審理されるだろうと言った。

シーア派イスラム教徒は、バーレーンの525,000人の約70%を占めるが、彼らが広範囲の差別に直面すると言っている。

軍の支配は3月に宣言された。
1日前に、抗議者はマナマのパール・スクエア(Pearl Square in Manama)から追い出された。

この抗議が2月に始まって以来、30人以上が死んでいる。

バーレーン(Bahrain)の首都マナマ(Manama)のGoogle Earthポインター情報
26°12'53.43"N,50°35'12.99"E
または、
26.214842, 50.586942