on-the-time.jp

2011-09-20

オランダの新聞、データ・ジャーナリズム・プロジェクト「RegioHack」を開始。

Online Journalism Blogは、オランダの新聞「de Stentor」「TC Tubantia」の2紙がローカルな問題のまわりでデータ駆動されるジャーナリズムの実験として「RegioHack」を開始したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

インターネットは情報でいっぱいになっている。
しかし、少なくともオランダのジャーナリストはそれから真価を出していない。

まだ運転されたジャーナリズムが、どのデータ上にあるかという根本問題、およびそれを実行する方法に答えなければならないということで、「RegioHack」を開始した。

両方の新聞はオランダの東部と中央で循環している。

ジャーナリストは地方の学生(プログラマ)に協力し、2011年11月に、30時間のコーディングした出来事のデータ・エキスパートを開くことにしている。

このhackathonに備えて、Webサイト・フォーラムは議論のために開かれている。

誰でも、特定の主題のための糸を始めることができる。

新聞は、主題上でデータを見つけて、きれいにし、かつ、それを示すために参加者に熱いピザ、栄養飲料および30時間を提供する。

hackathonの後、プロジェクトは示される。
また、参加者は出版物で指名される。

それが「RegioHack」の肝心なところになる。

データを備えて作るユニークなストーリー、新しい技術を開発するために互いの支援。
また見つけ出すために、データで駆動されるジャーナリズムを実行する方法などを明らかにする。

そう言えば、新聞というのは本来、事件や出来事をハッキングして公開することだった。
この基本が忘れられ、くだらない、浅い知性に振り回されている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE