gaYa広告

2011年09月25日

イランで釈放された米国人が帰国した。

BBC Newsは、イランによって解放された2人のアメリカ人が、イラクからの申し立てによると交差することでスパイ行為をする罪により刑務所で2年以上を過ごした後に家へ戻ったと報告した。

共に29歳のフリーランス・ジャーナリストのシェーン・バウアー(Shane Bauer)とジョシュア・ファッタル(Joshua Fattal)は、無罪であると繰り返し言ったが、それらの国籍のために拘留された。

2009年の逮捕以来、彼らは、ハイキングしていたと主張していた。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

一緒に逮捕された女性のサラ・シャウンド(Sarah Shourd)は、昨年解放された。

先週、US$100万の保釈金取り引きの下でイランによって釈放され、オマーンへ飛んだ。

米国に帰国したシェーン・バウアーとジョシュア・ファッタルは家族や親類、サラ・シャウンドに囲まれたニューヨークの記者会見で、2人が交代でステートメントを読んだ。

シェーン・バウアーは、彼らの拘留が「イランとイラクの間の無指定の国境を横断に(決してない)」関係していると言った。

ジョシュア・ファッタルは、「まさにスタートから、我々が人質にとられたただ一つの理由は我々がアメリカ人であることであった。イランは米国とのその政治論争に我々のケースを常に結び付けた。」と言っている。

米国人が、なぜ?と言う疑問を考えるきっかけにもなっている。

2人に9月の初めに、スパイ行為をした罪で懲役8年が宣告された。

シェーン・バウアーは、「我々は国籍のために逮捕された。」
伝えられるところによれば、イランの司法部は50億リアル(US$500,000)で各保釈金をセットした。

同様の金額は昨年、人道的な立場でサラ・シャウンドの釈放のためにポストされた。

私はケニヤで秘密警察に、ウガンダから逃げてきた若者と話していたと言って逮捕され、自分の身代金を値下げする交渉をしたことがある。

このような事件は、自分で解決すべきである。
国などに頼ると、後が大変であるし、高いものになる。

馬鹿な外交官がネゴシエーションもしないで、金を持って走り回り、身代金ビジネスの餌食になる。

捕まったら、笑いながら、写真などを一緒に撮影し、証拠を作って、じっくり交渉すれば、刑務所や留置所や刑務所には入らないでで済む。
ただし、交渉が失敗すると殺される。

そのような窮地に入って、助かった人は一杯居る。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告