on-the-time.jp

2011-09-25

イランで釈放された米国人が帰国した。

BBC Newsは、イランによって解放された2人のアメリカ人が、イラクからの申し立てによると交差することでスパイ行為をする罪により刑務所で2年以上を過ごした後に家へ戻ったと報告した。

共に29歳のフリーランス・ジャーナリストのシェーン・バウアー(Shane Bauer)とジョシュア・ファッタル(Joshua Fattal)は、無罪であると繰り返し言ったが、それらの国籍のために拘留された。

2009年の逮捕以来、彼らは、ハイキングしていたと主張していた。

[AD] You can advertise on this site.

一緒に逮捕された女性のサラ・シャウンド(Sarah Shourd)は、昨年解放された。

先週、US$100万の保釈金取り引きの下でイランによって釈放され、オマーンへ飛んだ。

米国に帰国したシェーン・バウアーとジョシュア・ファッタルは家族や親類、サラ・シャウンドに囲まれたニューヨークの記者会見で、2人が交代でステートメントを読んだ。

シェーン・バウアーは、彼らの拘留が「イランとイラクの間の無指定の国境を横断に(決してない)」関係していると言った。

ジョシュア・ファッタルは、「まさにスタートから、我々が人質にとられたただ一つの理由は我々がアメリカ人であることであった。イランは米国とのその政治論争に我々のケースを常に結び付けた。」と言っている。

米国人が、なぜ?と言う疑問を考えるきっかけにもなっている。

2人に9月の初めに、スパイ行為をした罪で懲役8年が宣告された。

シェーン・バウアーは、「我々は国籍のために逮捕された。」
伝えられるところによれば、イランの司法部は50億リアル(US$500,000)で各保釈金をセットした。

同様の金額は昨年、人道的な立場でサラ・シャウンドの釈放のためにポストされた。

私はケニヤで秘密警察に、ウガンダから逃げてきた若者と話していたと言って逮捕され、自分の身代金を値下げする交渉をしたことがある。

このような事件は、自分で解決すべきである。
国などに頼ると、後が大変であるし、高いものになる。

馬鹿な外交官がネゴシエーションもしないで、金を持って走り回り、身代金ビジネスの餌食になる。

捕まったら、笑いながら、写真などを一緒に撮影し、証拠を作って、じっくり交渉すれば、刑務所や留置所や刑務所には入らないでで済む。
ただし、交渉が失敗すると殺される。

そのような窮地に入って、助かった人は一杯居る。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.