AD SPACE

2011-09-20

EMEAでのタブレット市場動向レポート。

Cellular-Newsは、EMEA(Europe, Middle East, and Africa/ヨーロッパ、中東、アフリカ)のメディア・タブレットの出荷状況を報告し、2011年第2四半期の出荷量は370万の予測より少し多い、440万ユニットであったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

それは2010年の同じ時期と比較して、394%の増加で、2011年第1四半期からは、82%上昇した。

アンドロイドのHoneycombの遅れから、消費者が「静観した姿勢」によって逆にiPad 2おに密着させられた。

アンドロイドのHoneycombで開始した過多気味の新しいモデルが、主として予期された傾向がiPad 2のより強く急上昇する需要によって運転され、タブレットの勢いに寄与したと言っている。

日本ではあまり知られていないフランスのベンダーArchosは、2011年第2四半期に実な成長をあおって、製品分野、および試みから市場への見地の両方から拡大し続けた。

数字だけを見ると、アップルのシェアは2010年第1四半期が94.3%で、2011年第1四半期が66.6%と急激に追いつかれているように感じるが、これはパラドックスで、実はアップルの販売量が249%も伸びている。

さらに、過多気味の新しいモデルが一見、急増しているように感じるが、これはほとんど失敗作の山である。

最高に売れたと言われたサムソンでも7%であった。
Archosも着実に売れたと言って、307%の伸びと言うが、シェアは落ちて2.4%になっている。

Cellular-Newsは2011年08月18日に、米国の新聞ボストン・グローブ(Boston Globe)からの情報として、昨年売り出すためにサムソンで急いで作られた7インチのタブレットGalaxy Tab 10.1は、オリジナルより薄く、あらゆる点で優れていたと賞賛した。

より迅速に、早く市場に来たなら、サムソンは現在、タブレット販売でアップルに接戦していたかもしれないとまで言っている。

最初にAndroidタブレットとして、Motorola Mobility Holdings Inc.が送り出した「Xoom」は、Galaxy Tab.の横でシンダー・ブロックに見えたと言っている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.