gaYa広告

2011年09月20日

EMEAでのタブレット市場動向レポート。

Cellular-Newsは、EMEA(Europe, Middle East, and Africa/ヨーロッパ、中東、アフリカ)のメディア・タブレットの出荷状況を報告し、2011年第2四半期の出荷量は370万の予測より少し多い、440万ユニットであったと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

それは2010年の同じ時期と比較して、394%の増加で、2011年第1四半期からは、82%上昇した。

アンドロイドのHoneycombの遅れから、消費者が「静観した姿勢」によって逆にiPad 2おに密着させられた。

アンドロイドのHoneycombで開始した過多気味の新しいモデルが、主として予期された傾向がiPad 2のより強く急上昇する需要によって運転され、タブレットの勢いに寄与したと言っている。

日本ではあまり知られていないフランスのベンダーArchosは、2011年第2四半期に実な成長をあおって、製品分野、および試みから市場への見地の両方から拡大し続けた。

数字だけを見ると、アップルのシェアは2010年第1四半期が94.3%で、2011年第1四半期が66.6%と急激に追いつかれているように感じるが、これはパラドックスで、実はアップルの販売量が249%も伸びている。

さらに、過多気味の新しいモデルが一見、急増しているように感じるが、これはほとんど失敗作の山である。

最高に売れたと言われたサムソンでも7%であった。
Archosも着実に売れたと言って、307%の伸びと言うが、シェアは落ちて2.4%になっている。

Cellular-Newsは2011年08月18日に、米国の新聞ボストン・グローブ(Boston Globe)からの情報として、昨年売り出すためにサムソンで急いで作られた7インチのタブレットGalaxy Tab 10.1は、オリジナルより薄く、あらゆる点で優れていたと賞賛した。

より迅速に、早く市場に来たなら、サムソンは現在、タブレット販売でアップルに接戦していたかもしれないとまで言っている。

最初にAndroidタブレットとして、Motorola Mobility Holdings Inc.が送り出した「Xoom」は、Galaxy Tab.の横でシンダー・ブロックに見えたと言っている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告