2011年09月20日

ドイツの自由民主党「FDP」は、首都ベルリンで存在意義が消えた!

盗作による大臣の辞任、政策では、原子力上に撤回など、彼女は、障害に突き当たった。
しかし、政府はまだ、音を立てて進み続けた。

今回は、与党連合がばらばらになってもよいかどうかに関して、ドイツには多くの討論がある。

それは恐らく、明日は起こらない。
しかし、終了がどのように来るかを確かめることは可能である。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

以前は、固く見えたビットを持っていた‥‥今、その中で動揺している。

アンゲラ・メルケル首相の困難は、彼女自身のCDU(Christian Democratic Union/Christlich Demokratische Union/キリスト民主党)内にではなく彼女と、それが政府を維持する連合組織で多くである。

連合のジュニア・パートナーFDP(自由民主党/Free Democratic Party/Freie Demokratische Partei)は、一連の選挙での支援を大量に流出している。

FDPは、博士号問題で、ガタガタになっている。

問題は、下落を逆にしようとするために今それらがユーロ救済措置中のより多くの人民主義者ラインを採用するだろうかどうかである。

よりタフなFDPレトリックが日曜日にベルリンに地方選挙の前に既に現われ始めた。

FDPの新しいリーダーで、アンゲラ・メルケル首相の政府の代理フィリップ・レースラー(Philipp Roesler)は、タブーであった、ユーロ圏節約の障害が討論上にないことを提案することにより事を荒立てた。

彼が特に議論を望んだのは、禁制の主題「ギリシアの整然とした破産」だった。

しかし、これは、確実にアンゲラ・メルケル首相が議論を望まなかったタブーだった。

フィリップ・レースラーの不一致な提案以来、事態はFDPにはより悪くなった。

ベルリン選挙でFDPは、ベルリン立法部の中でどんな表現もいずれにしても与えることができる前に、法律が要求する5%はいうまでもなく、投票の2%さえ得なかった。

FDPが州議会でその座席の7つをすべて失った時、これは今月の初めにドイツ北東部のポメラニア・メクレンブルク西部(Mecklenburg-Western Pomerania)で選挙に入る。

左翼リーダーのうちの1人グレガー・ギジ(Gregor Gysi)を置いた。
FDPはちょうど今溺れている。
また、溺れる人がする不合理な決定は、常に非常に注意しなければならない。

アンゲラ・メルケル首相に面倒なのは単にFDPではない。

別の連立相手バイエルン州のCSU(Christlich Soziale Union/Christian Social Union)はさらにますます困難な仲間である。

再び、2013年にバイエルンの州議会で大多数を維持しようとするCSUと共に、選挙人の要因があるかもしれない。

この問題および争いはすべてSPD(Sozialdemokratische Partei Deutschlands/Social Democrats/社民党)との大連立について、アンゲラ・メルケル首相の党の中で、いくらかを話させた。

結局、議論を実行するCDUとSPDが、財務相として金融危機、トップのアンゲラ・メルケル首相およびSPDのペール・シュタインブリュック(Peer Steinbrueck)によってともに国を操縦した時、それは2005年から2009年の間に作動した。

なぜ完全に代わることを望むSPDは、苦闘している政府を助けたいと思うか。

しかし、危機がより悪くなり、政府内部の戦いがより大きくなると想像した場合、連立相手としてのFDPの代わりはますます魅力的に見えるかもしれない。

ベルリン自由大学(Free University in Berlin)の政治学者ゲロ・ノイゲバウア博士(Dr Gero Neugebauer)は、それがありそうもないままであると考える。

彼が言うように、現在の政府が「なんとかして行く」可能性が、より高いままで残っている。

日本の政府もぐちゃぐちゃだが、ドイツもぐちゃぐちゃである。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告