on-the-time.jp

2011年09月20日

利口なカラスは、食物を見つけるために鏡を使用!

美容と医学の科学

BBC Newsは、荒野で捕まえたカラスと鏡についてその反応を研究しているニュージーランドのオークランド大学(University of Auckland, New Zealand)で研究している科学者は、カラスは鏡を認識していなかったが、それらの影の研究により貯えられた食物アイテムを見つけたと報告した。

その結果から、鏡情報を処理することができると知られていたエリート・グループ、象を含む霊長類の動物種に、鳥を入れたと言っている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

新しいスコットランドのカラス「Corvus moneduloides」は、小枝のような知的・革新的なツールの使用で知られている。

「Corvus moneduloides」は、穴と割れ目から栄養になる昆虫を取り出すために、小枝のような知的・革新的なツールを使用した。

ほかの鳥で、同様の鏡実験をしたところ、カササギ(magpies recognise)は影を認識することが判った。
しかし、ハシブトガラス(jungle crows)は判らなかった。

雑誌「Animal Behaviour」で研究結果を公表した心理学者は、悪評高いほどに利口な新しいスコットランドのカラスの認知技能を検討した。

Animal Behaviour
In Press, Corrected Proof - Note to users
doi:10.1016/j.anbehav.2011.07.033 | How to Cite or Link Using DOI

New Caledonian crows' responses to mirrors

F.S. Medina Corresponding Author Contact Information, E-mail The Corresponding Author, A.H. Taylor, G.R. Hunt, R.D. Gray Corresponding Author Contact Information, E-mail The Corresponding Author
Purchase
Department of Psychology, University of Auckland, New Zealand

Received 15 November 2010; revised 28 January 2011; Accepted 22 July 2011. MS. number: 10-00804. Available online 3 September 2011.

Corresponding Author Contact InformationCorrespondence: F. S. Medina and R. D. Gray, Department of Psychology, University of Auckland, Private Bag 92019, Auckland 1142, New Zealand.

科学者は10羽の野鳥を捕らえて、鏡に応じて彼らの振る舞いを記録するために大きなかごにそれらを入れた。

あたかもそれらが別のカラスに遭遇しているかのように、それらの影を見ることに反応させたすべてのカラスは、迅速に主要部移動をし、それらの後部を見て、さらに反射鏡像を攻撃した。

研究主任フェリペSメジナ・ロドリゲス(Felipe S Medina Rodriguez)は、カラスのそれらの鏡像への拮抗反応が「驚かしていなかった」と言った。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。