on-the-time.jp

2011年09月14日

Googleのモトローラ乗っ取り舞台裏。

Cellular-Newsは、モトローラ・モビリティ(Motorola Mobility)がGoogleの乗っ取りに関して、より多くの情報を明らかにしたと報告した。

また、ドキュメントから、Googleがそれとは反対のクレームにもかかわらず、モトローラの特許に主として興味を持っていたことが明らかであった。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

SECファイリング(SEC filing)によれば、ノーテルの特許オークションで負けて、競争者へのノーテルの特許の損失によって2つの会社がどのように影響を受けるか議論した後の7月前半に、最初の接触がGoogleからモトローラ・モビリティにあったと書いている。

Googleが全会社ではなく、モトローラから単に特許を買う可能性について議論したに違いないことが明らかであると述べた。

後の会合で、モトローラは、「もし特許のポートフォリオの大部分を売ればモトローラ・モビリティがスタンド・アロンの実体として継続することは問題になるだろう」と述べて、グーグルに答えた。

Googleが特許だけを買うことを申し出ていなかった場合、モトローラ・モビリティはその問題に関してそれらを警告していたか‥‥そのような販売はもたらすだろう?と言う疑問が残っている。

2011年7月28日のGoogleで、全会社およびそれらの代表の十分な買収について議論した。
彼らが予備的に、その1つが高い$20代あるいは低い$30sの株式取得値幅につき考慮していることを示した。

2011年8月1日に、Googleは、現金で1株当たりUS$30でモトローラ・モビリティの獲得を提案する手紙をモトローラ・モビリティ重役会のもとへ送った。

交渉で2011年8月2日から8月5日まで、Googleは、それから進んで、その提案の条件を改善することで、そのグーグルの提案を反復したことを示した。機密にしておかれるに違いない。そして、レスポンスは速く受け取られたに違いない。

モトローラ可動性は1株当たりUS$43.50の提示を提案した。
それは、Googleからの1株当たりUS$37を高くした提示によって逆らわれた。

US$40.50を求めることにより、答えられたモトローラおよび両方のパーティーは、最後に1株当たりUS$40に沈んだ。

それらがわずか数日に、どのようにして非常に劇的に価格を押し上げたかを考えれば、モトローラは申し出を受けた。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告