on-the-time.jp

2011年09月14日

アップルのiPhoneは、老人向けの電話と評した。

Cellular-Newsは、HTCアメリカの社長代理マーティン・フィシュテル(Martin Fichter)が、会議でアップルのiPhoneを老人の電話と評した時、物議をかもしたと報告した。

彼は、娘を大学へ連れて行く時、即席の市場調査として、聴衆に電話についてティーンエイジャーに話すことは望み、インスタントな調査を実施した伝えた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

彼の小さな調査によれば、「私のお父さんはiPhoneを持っており、ファッショナブルなティーンエイジャーがまわりにで持つことが正しいことではないと思った。」と答えて、彼らの誰もiPhone持っていなかったと言っている。

彼は、大学キャンパスで、iPhoneより多くのサムソンとHTCの携帯電話を見たと言った。

彼は聴衆に演説して、次に「ここの私たちはiPhoneを使用しています。しかし、私たちの子供はそれらを見つけません。それはもっと(どんな)クールです。」と付け加えた。

個々の新しいiPhoneリリースを囲む誇大広告は確かにその人気を示している。しかし、それは購入している人口分析では、18-35歳である傾向があり、その人口分析は市場調査会社にとって大きい。しかし、次世代は既に他のところを見ていた。

ただし、これはほんの一つの大学だけで聞いたことで、非常に小さなサンプルに基づいていた。

そう言えば、40代の人と話していて、営業用にiPhoneが必要なったと言っていたが、実際はiPhoneと他のスマートフォンの違いを知らない。

仲間同士で話していることが多い学生は、昔、Appleではなく、Windowsをえらんだように、安いAndroidを選ぶかもしれない。

今のiPhoneと、なんちゃってAndroid iPhoneもどきは、もう両方が時代遅れになった。

ただし、iPadが売れて、他のタブレットが売れないのは、サプライヤの違いとも言える。

例えば、キーボードが付くのはiPadだけ----。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。