2011年09月13日

あなたのiPhoneのリンゴマークは光りますか?

Cellular-Newsは、イギリスの修理工場は、アップル・ラップトップ・コンピューター上のリンゴマークが光るように、アップルのiPhoneのため、リンゴマークは光らせる修理技術を開発したと報告した。

あれ、あなたのiPhoneのリンゴは、まだ光っていない?
時代遅れのiPhone????

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

MacRumoursは、iPatchのクリス(Chris)とアンディ(Andy)は、モダンなものを小売りしたくて、完全にオリジナルに見えるピンクのiPhoneリヤ・パネルも開発して、£100(US$160)と所要時間1時間未満で、リンゴマークが光るようにしてくれる。

あれ、あなたのiPhoneは、まだ真っ黒か白?
ピンクじゃないの?
時代遅れのiPhone????

さしずめ、これはiPhoneのシステムに触らないので、iPhoneの入れ墨(Tattoo)と言う感覚かもしれない。

ホワイトiPhoneで大騒ぎしていたが、iPodは虹色になった。

もうすぐiPhoneも虹色になるでしょう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告