2011-09-16

遠征28が帰還した。

NASAは、ソユーズTMA-21宇宙船(Soyuz TMA-21 spacecraft)が、遠征28(Expedition 28)の指揮官アンドリー・ボリセンコ(Andrey Borisenko)とフライト・エンジニアのロン・ギャラン(Ron Garan)、アレグサンダーサモクツェブ(Alexander Samokutyaev)を乗せてカザフスタンのの街ゼスカズガン(Zhezkazgan, Kazakhstan)郊外に着陸したと報告した。

毎回も、到着したと言うより、宇宙から砂埃と共に落ちて来た。

NASAの宇宙飛行士ロン・ギャラン、ロシアの宇宙飛行士アンドリー・ボリセンコとアレグサンダーサモクツェブは、遠征27、遠征28として、ISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)似5ヶ月間滞在し、戻ってきた。

Photo Credit: (NASA/Bill Ingalls)

これを見ていると、さらに遠い月から、かぐや姫も落ちてきたので、もの凄かったのかもしれない。

そして、いつかこの落下傘が開かなかったと言う事故も起こりそうである。

Related Dates