2011-09-16

北京の人が待ちに待った「SMAP」のコンサートを開催!

BBC Newsは2011年09月16日に、日本で10年間トップの座を驀進している日本のポップ・バンドとして知られる「SMAP」のコンサート「日本SMAP音乐天团北京演唱会」が北京で開催されたと報告した。

緊張した結束を緩和するめったにない機会と見なされ、何度も延期され、待ちに待ったコンサートになった。

「SMAP」の5人のメンバーは、北京の人民大会堂(Workers' Stadium/北京工人体育场)で40,000の群衆の前で行なった。

それらは2010年に上海の万博で訪問することになっていた。
しかし、領土紛争がゆらぎ燃えた後、コンサート・ツアーが取り消された。

中国の外務省スポークスウーマン姜瑜(Jiang Yu)は、SMAPの最初の海外のパフォーマンス・コンサートが相互の友情を押し上げることを望んだと言った。

少年バンドとして登場した「SMAP」は、すでに全員が30代後半で、毎週料理や音楽、ショート・コントを行う「SMAPSMAP」として知られ、韓国や中国が関連した多数のテレビドラマにも出演している。

前の計画が延期された後、中国の温家宝首相(Chinese Premier Wen Jiabao)は5月にバンドへの招待を出した。

日本人沿岸警備隊が、両方の国々が要求する島尖閣諸島(中国から魚釣台と呼ばれる)沖で続く海域で、中国のトロール船に衝突し、キャプテンを逮捕した後、2010年9月に上海で起こる予定であるコンサートは、中国の主催者によって取り消された。

「SMAP」はさらにその年の初めに上海万国博覧会でコンサートを行なう予定だった。
しかし、コンサートは混雑する恐れのために取り消された。

しかし、今回グループは、中国までたどりついた。
また、2011年09月15日木曜日に、それらは上級政治家の唐家璇(Tang Jiaxuan)外相によって歓迎された。

木村拓哉は、コンサートが2つの国の間の友情を祝うことを「SMAP」が望んだと言った。
その挨拶に対し、中国の外務省スポークスウーマン姜瑜は、北京がこの種の文化交流で「支持し、前向きな姿勢で対処し」保持したと言った。

彼女は、我々は、これが中国と日本の間の全国感傷を改善するのを支援することを望む」と言った。

さらに、それは3月11日の地震および津波の結果として中国にその援助を感謝するように意図されるコンサートになり、テーマは「あなたにとって最良の日本、中国に感謝、アジアは1つ。(Do Your Best Japan, Thank You China, Asia is One)」になった。

中国のマイクロブロギング・サイト「Sina Weibo」の1つの投稿によれば、コンサートは中国中からのファンを引きつけた。

中国や韓国では、草彅剛の酔っぱらって素っ裸で逮捕されたこともよく知られている。
このニュースは、世界中に報道されたが、自己を振り返り、草彅剛を非難する記事は少なかった。

北京の人民大会堂(Workers' Stadium/北京工人体育场)のGoogle Earthポインター情報
39°55'46.40"N,116°26'27.75"E
または、
39.929556, 116.441042