2011-09-16

パリは、イスラム教徒が路上で祈ることを禁止した。

BBC Newsは、モスクでスペースを見つけることができないフランスのイスラム教徒が、パリの路上で祈りを捧げることを禁止した法令が施行されたと報告した。

内務大臣クロード・ゲラン(Interior Minister Claude Guéant)は、信仰者に使われていない消防署バラックの使用を代わりに提供した。
それはイスラム教徒が歩道にマットを広げ、路上祈願の現象を見たパリ市民の抗議の後に、政治問題になった。

フランスは西ヨーロッパで最も大くのイスラム教が住んでいる。

いくつかの調査によって、フランスの人口の10%未満である600万人ものほと人は、フランスの旧北アフリカ住民植民地の起源と共に、イスラム教徒である。

それらの統合は近年政治的な討論の源だった。
また、今年の初めに、フランスは、イスラム教のベールを公的に禁止する最初のEU加盟国になった。

新しい禁止は2011年09月16日木曜日に、従来のイスラム教徒金曜祈願に間に合って真夜中(22:00 GMT)に実施された。

今週の初めに新聞「フィガロ(Figaro)」で内務大臣クロード・ゲランは、約1,000人が祈願者がGoutte d'Or地区の中で2つの通りを使用していたと言った。

彼は、2,000平方メートル(ヤード)の床面積を持った大通りネーの使われていないバラックを2つの地域のモスクとして借りることで、合意が3年間得られていたと言った。

新しいスペースを使用するように信仰者を激励すると、祈祷は最初の数週の間、既存のモスクの内部で行われうとしなかった。

彼は、対話が「関係修復に重要」だったので、禁止をするために力が使用されなければならないだろうとは思わなかったと言った。

バラックの監督者は、スペースが2,000のキャパシティーで、十分であると言った。
首長マホメット・サラーレフ・ハムザ(Sheikh Mohammed Salah Hamza)はロイター通信社に、
「それは解決の始まりである」
「ここにいて、忠実な人々は非常に嬉しい。」と伝えた。

通りで祈ってきたカッダー・アブデルカダー(Kaddar Abdelkader)は、「かつては外部を祈っていたが、それが全くよくなかった。」と言っている。

内務大臣クロード・ゲランは、同じ問題が他の都市マルセイユおよびニースでも存在したと言った。

Goutte d'Or地区の「イスラム化」の抗議は、昨年始まった。

フランスの国民戦線(French National Front)のリーダーであるマリン・ル・ペン(Marine Le Pen)は政治的目的を求める祈願を使用したことで、イスラム原理主義者を非難した。

彼女は、論争的にをフランスのナチ戦時占領実行と比較した。

これは、実体験した人しか判らないだろう。
職場で突然仕事を中断し、絨毯を敷いて、お祈りを始める。
びっくりする。

Goutte d'Or地区のGoogle Earthポインター情報
48°53'14.00"N,2°21'12.31"E
または、
48.887222, 2.353419