2011-09-16

ブラジルは2014年のワールドカップ・カウントダウンを開始!

BBC Newsは、2014年のサッカー・ワールドカップ(2014 World Cup)を主催するブラジルが、オープニングから1000日前に、カウントダウンを開始したと報告した。

ブラジルのジルマ・ルセフ(Dilma Rousseff)大統領は、伝説のサッカ−の神様で、ブラジルのワールドカップ大使であるペレは、ベロオリゾンテ競技場(stadium in Belo Horizonte)でイベントの立ち上げを行った。

ジルマ・ルセフ大統領は、新しい競技場を約束した。
また、要求される他のインフラストラクチャーは、主な障害および遅れにもかかわらず、時間通りに準備ができると予測されている。

トーナメントは2014年6月12日に始まる。

それまでに、ブラジルは12の競技場を改築し、完成しなければならない。
それらのうちの多くはスケジュールおよび予算上で、遅れている。

決勝が戦われるリオ・デ・ジャネイロ(Rio de Janeiro)のマラカナ(Maracana)および、ジルマ・ルセフ大統領がカウントダウンを始めたでベロオ・リゾンテ(Belo Horizonte)のミネイラアオ(Mineirao)を含む、いくつかの建設現場では、建設作業員がストライキ中である。

開幕戦を主催するサンパウロ(Sao Paulo)の新しいイタケラ競技場(Itaquerao stadium)の調査は、5月に始まったばかりである。

サッカー・ファンが巨大な国に広げられた12の競技場間に移動できるように、ブラジルは、さらに道と空港ターミナルのような巨大なインフラ整備支援をしなければならない。

新華社は2011年06月08日に、中国北車長客股フン公司(中国北车长客股份公司)が2011年06月07日に、中国が都市高速列車を南米に輸出するのは初めて、ブラジルのリオデジャネイロ都市高速鉄道向けに開発した車両をラインオフした報告した。
これにより、リオデジャネイロで開催される2014年サッカーワールドカップや、2016年五輪時の旅客の足を確保することになると言っている。

BBC Newsは2011年04月15日に、レポートは2014年のワールドカップ(World Cup in 2014)のために改良されるブラジルの空港の大部分は間に合わないだろうと警告した。

その輸送インフラの多くは、ブラジルの好景気の要求を満たすためにも必要で、中流階級を拡張している。

ジルマ・ルセフ大統領は、「インフラストラクチャーに投資することは、ユーロ圏と米国の国々に影響する国際的な危機にノーと言う方法です」と言った。

南米では、1978年にアルゼンチンが、ブラジルは1950年に最初のホスト国になっている。

ただし、リオ・デ・ジャネイロのスラム街、麻薬問題など根深い問題もある。
しかし、それらを解決することが、未来の中南米を支えることになる。

リオ・デ・ジャネイロ(Rio de Janeiro)のマラカナ(Maracana)のGoogle Earthポインター情報
22°54'43.99"S,43°13'48.74"W
または、
-22.912219, -43.230206

ベロオ・リゾンテ(Belo Horizonte)のミネイラアオ(Mineirao)のGoogle Earthポインター情報
20° 1'21.48"S,44° 1'41.69"W
または、
-20.022633, -44.028247

サンパウロ(Sao Paulo)のイタケラ(Itaquerao)のGoogle Earthポインター情報
23°31'60.00"S,46°27'0.00"W
または、
-23.533333, -46.450000