on-the-time.jp

2011年09月13日

イリジウム衛星電話ユーザー、世界で50万人を突破!

Cellular-Newsは、衛星携帯電話ネットワーク事業者のイリジウム・コミュニケイションズ(Iridium Communications/Iridium Satellite Phone Communications)は、衛星音声およびデータサービスの加入者が世界で合計500,000人に達したと言ったと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

イリジウムと言えば、ノキアと携帯電話市場でトップを競っていたモトローラが転落のきっかけになった衛星携帯電話であった。

500,000人のユーザーで、およそ90%の商用顧客、10%の米国政府顧客で構成されている。

昔は、ほとんどが戦場での軍隊がユーザーであった。

イリジウム・コミュニケイションズCEOマット・デッシュ(Matt Desch)は、過去5年間で毎年25%の二桁成長により、私たちの一貫したグローバネットワーク範囲、重要な接続を可能にするサービス、および拡大するパートナー生態系のおかげと言っている。」

会社の2011年第2四半期の所得は、今M2Mデータ加入者が可能な商用加入者の32%および政府加入者の21%を代表することを示した。

TMFアソシエーツの社長ティム・ファラー(Tim Farrar)は、
「低データ速度移動衛星装置は、2015年の終わりまでに毎年20%以上上昇して、サービス中の370万ユニット以上になると計画されています。」
「イリジウムの低コストのSBD(short-burst data)トランシーバー、イリディアムのを既に加速する、M2Mセクターの急成長、およびモバイルのデータ産業での確立している世界レベルの利用者の協力は促進するでしょう。」
と言っている。

次世代ネットワークであるイリジウムNEXT(Iridium NEXT)は会社の成長している顧客ベース用に、より多くの能力およびキャパシティーを提供する。

「地球上のワイヤレス・ネットワークが地球表面の10%未満をカバーするとともに、世界中の移動衛星接続に継続成長の莫大な可能性があります。」
「私たちは、世界の90%を接続する大きな仕事をします。」とデッシュは付け加えました。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。