gaYa広告

2011年09月13日

Amazon、新聞社と雑誌出版社にiTunesへの対抗策を提案!

電子ブック

Cellular-Newsは、Amazonがコンテンツ所有者に対するタブレットにするための改善策として、収入シェア取り引きを申し出る準備をしていると報告した。

伝えられるところによれば、Amazonは次回のタブレット・デバイス用にコンテンツを安全にするために新聞と雑誌出版社に話しかけており、アップルのiPad加入者サービスより安く売ることを申し出てもよいと考えていると報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

アップルはiTunesプラットフォーム経由で売られた予約から現在30%の収入シェアを要求するだけでなく、もし出版代表のコンテンツからリンクされれば、出版者に自分のWebサイト経由で予約販売の禁止を要求している。

この厳しいアップルの対応に、多くの出版者および新聞社を怒らせ、顕著にFT(Financial Times/フィナンシャル・タイムズ)が不満を爆発させている。

このAmazonの対応について、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)のレポートで、プラットフォームを支援するように出版者に説得するより低い収入シェア協定を提示していると報告している。

アップルの強引さと自信過剰が、Amazonに味方するかもしれない。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト