2011-09-12

EUは、音楽の著作権を70年まで延長した。

EU Observerは2011年09月13日に、EU(European Union/ヨーロッパ連合)が2011年09月12日に高齢のロックスターを保護するため、著作権保護を現在の50年から70年まで延長する新しい規則が採用されたことから、20年間さらに長い期間、音楽ロイヤルティから利益を得ることができるようになったと報告した。

EUの27カ国の加盟国から、賛成に17カ国が投票した。

その一方でベルギー、チェコ共和国、ルクセンブルク、オランダ、ルーマニア、スロヴァキア、スロベニアおよびスウェーデンは、反対に投票した。

オーストリアとエストニアは投票を棄権した。

また、50年の保護の当期は、しばしば全一生の公演を保護しない。
とEUの大臣が記者声明で、「したがって、何人かの演奏者は一生の終わりに所得格差に面する」と説明した。

新しい規則は、演奏者と著者の著作権に近い権利をもたらす。

れは著者の死後70年で終了する。

米国では、著作権はさらに長く、最も初期のもののリリースの日付からの、および2049年まで95年間保護される。

俗に言う「ミッキーマウス保護法(CTEA/Copyright Term Extension Act/muscular Mickey Mouse)」のことで、それは同時に何もしないで収入を得る若者を誕生させ、働かないで麻薬に溺れたと言う話しをよく聞く!

これらのほとんどが、彼らの生活を守るためではなく、ほとんどが音楽利権に集まった金の亡者の餌食である。

EUは最初に、同類に強化しようと努力した。
しかし、法則は加盟国およびEUの立法部によって和らげられた。