2011年09月14日

上海ファッション界の貴婦人になった黄奕!

人物ファッション

SOHU(搜狐)は、黄奕が上海のファッション雑誌が主催したイベント「百万真珠」や「宝石」のサポートとして、全身をテーマである「不夜城のモダンなパーティー(不夜城摩登派对)」風に着飾ったと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

黄奕は礼装を着て、高さ10cmのハイヒールを履き、4社に有名ブランド店を散策した。

ティファンー(TIFFANY)では、VIP客のために設計すたタトゥー・シールに誘惑され、すぐに座って試みていた。

黄金のフラワーガラは、師のみごとで手慣れた光を作らせて、その上ラインストーンは飾りを添え、金色の光は輝いて、黄奕令は「気に入って手放せない。」と言った。

彼女は、「異なる服装にあわせて、毎回異なったタトゥー・シールを張って、ふだんとても体験できない経験がで、モダンな感覚がわき出てくる。」と言っている。

上海の社交界と言ええば、あのアヘン戦争のときに起こった、ジャズが流れる上海バンスキンを思い出さしてくれる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト