on-the-time.jp

2011年09月13日

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡のミラー・コーティングを完了!

NASAは、JWST(James Webb Space Telescope/ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡)に搭載される最も大切なミラーのコーティング・プロセスをニュージャージー州ムーアズタウン(Moorestown, N.J.)のQCI(Quantum Coating Inc./クオンタム・コーティング社)が完了したと報告した。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡のミラーは、適切に観測所の科学道具の中で、ミラーからの赤外光を反射するその能力に選ばれて、金の微視的に薄い層で覆われた。

このコーティングは、赤外光中の非常に弱い物体を観察するために、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の「赤外線目」を与える。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡のミッションは宇宙で最も離れた物体を観察することである。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、1枚の大きな21.3フィート(6.5m)の主要な鏡としての18のミラー・セグメント共同作用と共に、21枚のミラーを持っている。

鏡自体のベースは、ベリリウム(beryllium)で作られている。
それは低温温度でその強堅、軽量および安定性で選ばれた。

露出したベリリウムは近赤外線をあまり反応しない。

したがって、ミラーはそれぞれ約0.12オンスの金で覆われた。

これで、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡に搭載され、宇宙に飛ばされる主要なミラー・セグメントはの段階を完成した。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、ハッブル宇宙望遠鏡の次世代宇宙観測所であり、後継者である。

ミラーの生産は、非常に望遠鏡が軌道に乗る宇宙の極端な寒さの中にその形を保持する超硬合金ベリリウムで8年前に作られはじめた。

ミラー・コーティングは2010年6月に始まった。

望遠鏡中のより小さな鏡、第3の鏡および素晴らしい操縦する鏡のいくつかのものは、2010年に覆われた。

第2の鏡は今年の初めに終了された。

QCIは、ボール航空宇宙アンド・ノースロップ・グラマン(Ball Aerospace and Northrop Grumman)への契約の下にある。

QCIは、大きな鏡セグメントを覆う新しいコーティング設備およびクリーン・ルームを構築した。

QCIは、最初の飛行鏡を覆う前の2年の努力で、均一性、低温サイクリング、耐久性、ストレスおよび反射率のようなあるエリアの実行のための金メッキを開発した。

このプロセスでは、金は2,500のファレンハイト(摂氏1,371度)以上に、その液体のポイントに加熱され、鏡の光学面上で蒸発する。

その金コーティングは、120ナノ・メーターである。

ただし、ここに来て、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡開発の予算問題が噴出している。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。