2011年09月12日

新しい超新星残骸は明るくなっている。

NASAは、天文学者は、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)を使用して、超新星で先例がない超新星残骸(supernova remnant)への推移を目撃していると報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

近隣の大マゼラン雲( Large Magellanic Cloud)の銀河で爆発する星からの光は、1987年2月に地球に到着した。

「超新星1987A(Supernova 1987A)」と命名されて、それは400年間で目撃された最も接近している超新星の爆発だった。

超新星の地球への隣接は、それが発展するとともに天文学者がそれの詳細について研究することを可能にした。

この数年にわたって衰えた超新星残骸は明るくなっている。

これは、異なる動力源が残骸をつけ始めたことを意味する。

それはもう、1980年代のキャバレーのネオンサインのようである。

「SN 1987A」の残骸は、NASAのチャンドラX線観測衛星(Chandra X-ray Observatory)で観察されたX線を生成する強力な衝撃波を形成して、周囲の輪を密着させ始めている。

それらのX線は超新星残骸を照らしている。

また、衝撃熱は可視光線でそれを光らせることである。

1990年の打ち上げ以来、ハッブル望遠鏡は、「SN 1987A」の変化の連続的記録を提供した。

Image Credit: NASA, ESA, and P. Challis (Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics)

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。