on-the-time.jp

2011-09-12

新しい超新星残骸は明るくなっている。

NASAは、天文学者は、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)を使用して、超新星で先例がない超新星残骸(supernova remnant)への推移を目撃していると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

近隣の大マゼラン雲( Large Magellanic Cloud)の銀河で爆発する星からの光は、1987年2月に地球に到着した。

「超新星1987A(Supernova 1987A)」と命名されて、それは400年間で目撃された最も接近している超新星の爆発だった。

超新星の地球への隣接は、それが発展するとともに天文学者がそれの詳細について研究することを可能にした。

この数年にわたって衰えた超新星残骸は明るくなっている。

これは、異なる動力源が残骸をつけ始めたことを意味する。

それはもう、1980年代のキャバレーのネオンサインのようである。

「SN 1987A」の残骸は、NASAのチャンドラX線観測衛星(Chandra X-ray Observatory)で観察されたX線を生成する強力な衝撃波を形成して、周囲の輪を密着させ始めている。

それらのX線は超新星残骸を照らしている。

また、衝撃熱は可視光線でそれを光らせることである。

1990年の打ち上げ以来、ハッブル望遠鏡は、「SN 1987A」の変化の連続的記録を提供した。

Image Credit: NASA, ESA, and P. Challis (Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics)

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE