on-the-time.jp

2011年09月13日

インテルとGoogle、アンドロイドで提携!

BBC Newsは2011年09月14日に、チップメーカーのインテル(Intel)社は、アンドロイド(Android)のシステム上で走る携帯電話とタブレットのプロセッサーを改善するためにインターネット巨人グーグル(Google)との開発協力でセット・アップしたと報告した。

IDF(Intel Developer Forum)IDF(Intel Developer Forum)20112011は2011年09月13日に、予定通りIntel社長兼最高経営責任者のポール・オッテリーニ(Paul Otellini)による基調公演があり、ール・オッテリーニが、向こう10年でどのような変化をもたらすかについて概説するとともに、Googleとの提携について発表を行なった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この動きは、産業の最も急成長しているセグメントのうちの1つに、インテルのより大きなアクセス権を与えることを目指すことになった。

インテルはコンピューターおよびサーバー市場で、世界最大のチップメーカーである。
しかし、より小さく、より力効率的なチップを作成しようとする場合、成功していなかった。
携帯電話とタブレット型コンピュータの需要は、増加中である。

また、グーグルはメーカーと提携して、そのアンドロイドのオペレーティング・システムを押し続けている。
アンドロイドは今や、世界のスマートフォン用の主要なオペレーティング・システムになった。

しかし、インテルは、イギリスのライバルであるARMホールディングス(ARM Holdings)からの厳しい競争に直面していた。

アナリストは、この協力体制で、インテルがアンドロイドの市場で足場を増加させるのを助けるだろうと言った。

インテルは携帯電話市場で、苦しんでいた。
ところが、Cellular-Newsは2011年08月16日に、家電メーカーのViewSonicが、10.1インチで最新のデュアルOSテーブルから、それはWindowsとGoogle Androidの両方を操作できる「ViewPad 10pro」を公開したと報告した。
「ViewPad 10pro」は、新しい1.5GHzインテルAtomプロセッサZ670によって動かされる最初のタブレットの1つで、特にタブレットのために設計されていて、この新しいCPUは、より小さくて、より薄い製品デザインを可能にして、電力消費量を最小にしている。

これは、インテルに新しい開拓地を提供したと感じた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告