on-the-time.jp

2011年09月14日

50トンのクジラ路上で自爆、腑散乱!

新華社の浙江频道は、マッコウクジラが砂浜で死んでいるところが発見され、その50トンの巨大クジラを台湾の國立台南大學で科学研究するため、輸送中に自爆したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

輸送する途中で、思い付かなかった爆発により、クジラの血と内臓は、台南1条一帯にまき散らされ、一瞬にして、通行人は一面血の雨の中で、内蔵の臭いに恐怖を覚えたと報告している。

國立台南大學のGoogle Earthポインター情報
22°59'2.85"N,120°12'30.28"E
または、
22.984125, 120.208411

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。