on-the-time.jp

2011年09月12日

混乱のコントロールで、ジェット雑音を削減。

NSF(National Science Foundation/国立科学財団)は、航空会社と航空機製造会社は、近隣を囲む空港労働者、および人々のために低い騒音レベルを維持するようにますます圧力をかけられている。

実際‥‥10年ごとに、国際民間航空機関、その推薦は米国および海外での政策に影響を及ぼし、最大の雑音を減らすことができる飛行機は生産することができる。
それを証明することができれば、商用航空会社に売ることができる。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

航空機は今、現在のレベルにかろうじて遭遇することができる。

産業オブザーバーによれば、騒音レベルが数年で再び落とす場合、誰も既製の解決策を持たない。

飛行機は揺れる。
表面において、音が比較的単純な現象である。

空気のような圧縮可能なミディアムを通って、機械的な波は移動し、それが電気信号に変換され、脳によって解釈される場合、我々の鼓膜に達する。

飛行機のジェット・エンジンによって生成される音の場合、それはどのように航空機の実行に影響を与えずにコントロールすることができるか。

UIUC(University of Illinois at Urbana-Champaign/イリノイ大学アーバナ・シャンペン校)のダニエル・ボドニー(Daniel J. Bodony/Daniel Joseph Bodony)は、彼の友人ジョン・フロイド(Jon Freund)、ジョングリー・キム(Jeonglae Kim)と共に、まさにこの問題に取り組んでいる。

NASAに資金提供された努力の一部として、ダニエル・ボドニーは、混乱として知られている空気の不安な移動のコントロールにより、ジェット・エンジン雑音を減少させることに挑戦している。

風洞か研究所で働く代わりに、チームは、ジェット・エンジン排気からの混乱に生成された音波の発展をシミュレートするためにTACC(Texas Advanced Computing Center)のRangeスーパー・コンピューターを使用した。

シミュレーションは、どれくらい正常か説明するのを支援する。
最も基礎的なレベル、およびさらにそれはどのように新しい装置を使用してコントロールすることができるかで生成される。

飛行のシミュレートでは、まわりの大気の運動をシミュレートするために「大きな渦シミュレーション(large eddy simulation)」と呼ばれる数の技術を使用する。

重要なこととしてシミュレーションは、ジェットの中で流れる混乱の量、およびこの混乱が作成する音の量を示した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。