2011-09-12

HTCはスマートフォンOS購入を考慮。

MacObserverは、HTCが独自のモバイル・スマートフォン・オペレーティング・システムを購入することを考えていると報告した。

HTC女性チェアーマンであるシェール・ワング(Cher Wang/王雪紅/1958 - )は、そうすることを考慮していると最近言った。

しかし、彼女は、HTCが性急に飛ぶことを計画するものではないことを要求した。

シェール・ワングは、恐らくHPのwebOSを考慮していた。

HTCは、Googleがモトローラ・モビリティー社を買収すると発表して3日目に、アジアのモバイル・ハードウェアOEMの1人として、米国の唯一の主なアンドロイド・ライセンシーであることから、噂にはなっていた。

中国語経済オブザーバーとの最近のインタビューで、シェール・ワングは、
「我々はそれに考えを与えた。また、我々はそれについて内部で議論もした。しかし、我々はそれを衝動的に行動しないだろう」と言った

これは、それが何に関して考えているか、世界に知らせる数十億ドルの企業からのまれで、率直な瞬間でありえた。

あるいは、それがHPか、Googleの耳用に意味された公の交渉戦術でありえるかのしれないと言っている。

なにしろ、一筋縄ではいかない台湾ビジネスの発想を誰が正確に把握できるか?

ただし、webOSはみんながもてあまし始めている。
HTCが安く購入できれば、面白いかもしれない。