2011年09月13日

フランスにあるヒトラーの壁。

BBC Newsは、ヒトラーが大西洋岸に作った壁の部分が、フランスの熱狂家によって回復されていると報告した。

ナチスの強化壁を国の遺産の一部として完全に包含されるべきであるか大きな話題になっている。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

フランスの海岸嘘1,287kmに沿って‥‥戦争時にヨーロッパで最も本質的で最も喚起する遺跡のうちのいくつかとして残っている。

ヒトラーの予期された連合軍の攻撃に対する防衛システム、いわゆる大西洋の壁(Atlantic Wall)は、スペインの国境からスカンジナビアまでずっと伸びた。

必然的に、最も広範囲な建物が起こったのはフランスでだった。

現在も、フランスの海岸に沿って何千もの丸太防塞、バラックおよび銃据え付けを見ることができる。
しかし、フランスでは今まで、この異常な歴史的ランドマークを保存する努力はなかった。

他のところでは、第二次世界大戦燃料庫は観光名所として、あるいは教育の訪問のために一新された。

しかし、今、とても急に新しいムードは出現した。
最近、ウォールの部分の保護に専心的ないくつかのローカル協会がフランスで設立された。

中には、それを使った新しい家もできている。

BBC Newsは2011年03月17日に、第三帝国に関する本がイギリスのベストセラーリストに群がり、クライヴ・アンダーソン(Clive Anderson)は、それが本物の歴史的な関心か、それとも変なフェティシズムの問題であるかと尋ねていると報告した。

BBC Newsは2011年04月18日に、ウィーンでナチが1942年から1945年の間に建設した巨大な「Flaktürme(対空砲火塔/The flak towers)」が6塔もまだ点在して残っている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告