2011年09月09日

不死鳥女神寺院は、売春宿として摘発!

ABC Newsは、アリゾナの検察官は30人以上が不死鳥女神寺院(Phoenix Goddess Temple)を捜査し、摘発したと報告した。

10,000平方フィートと言われる売春宿は、「宗教」サービスのふりをして、「寄付金」として現金でUS$何百も稼いでいたと警察は言っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

宗教組織を隠れ蓑にし、祈祷をすると言ってセックスを提供し、祈祷の寄付としてお金を受け取っていたと言うことのようだ。

フェニックス警察(Phoenix police)スポークスマンであるスティーブ・マルトス(Steve Martos)は、
「それらは、宗教の自由を装って、犯罪を犯していた。」

「寺院」は2009年以来フェニックスで創設され、「人々が犯罪を犯すために、宗教と教会の後ろに隠れようとしている場合、そこには悲しい状況があった。」と言っている。

しかし、居住者が苦情を言い始めるまで、当局はそれを知らなかった。

地方紙が申し立てられた売春宿を訪れて、詳細記事を公表した後、警察は6か月の調査を始め、水曜日に18人の逮捕で最高潮に達した。

フェニックス警察は、まだ他の19を追い詰めている。

当局が2008年に隣接3州の「Desert Divas」リングを分割して以来、最大のアリゾナ売春破壊だった。

調査中に、警察は、女神寺院が水曜日に襲撃されたアリゾナ州シドナ(Sedona, Ariz.)とは別の売春宿を管理していることを発見した。

「Mystic Mother(神秘的な母親)」として知られている女神寺院創立者トレーシー・エリース(Tracy Elise)は、水曜日にて揮発された18人のうちの1人だった。

トレーシー・エリースは、美容院から化粧品、学校など、あらゆる多角経営を行ってきた。

さらに、彼女は、2009年にシャット・ダウンされたワシントン州シアトル(Seattle, Wash.)の同様の売春宿とも関連していた。

売春は、話題が尽きない。

Phoenix Goddess TempleのRhythm RoomのGoogle Earthポインター情報
33°29'39.18"N,112° 3'35.09"W
または、
33.494217, -112.059747

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。