2011-08-14

中国で初めて、インターネット・ジャスミン革命衝突が突発!

Times of Indiaは、港湾都市大連(大连)で、化学プラントの過酷な移転を訴え、2011年08月14日日曜日に、中国で初めてインターネット・ポスティングで数1,000人が活動を制御し、反乱による衝突が突発したと報告した。

反対抗議活動者と暴動鎮圧部隊が衝突を起こった。

中国政府は、中国共産党が抗議の増大による絶望的な恐れを避けようとしながら、石油化学プラントの閉鎖を命令したと報告している。

デモンストレーションは、最近の台風に続いて、プラントから漏らされた有毒化学物質への恐怖を述べる中国版Twitterと他のインターネット・サイトが、ポスティングでうながした。

国営新華社通信は、デモンストレーションには1万2000人が参加したと言ったが、小競り合いで、負傷は居なかったと報告している。

この事件は、何千人もの人々が地方公共団体の申し立てられた高い利き手の反対デモをした貴州省の黔西県(Qianxi town of Guizhou)で起こった、別の主要なデモンストレーションの数日後に起こった。

新華社は、共産党大連部隊が、Fujia Chemical Plant, Xinhuaを移動させると誓約したと言った。

ただし、そのレポートには。プラントをどこに移すかと言った詳細はなかった。

政府は、公憤の更なる普及をチェックするために中国版TwitterであるSina Weiboで、「大連(Dalian)」をプロテクトしたと報告している。

BBC Newsは2011年08月08日に、中国共産党がマイクロ・ブログを使用して、公衆と連絡を取ろうと試みるようメンバーに促したが、党幹部はWeb言葉のアートを習得できるか?と言ってきたが、。

温州で起こった列車事故では、Twitterと他のインターネット・サイトが活躍し、デモンストレーションでインターネット・ジャスミン革命が起こるのも時間の問題だと考えていたが、今後急増することだろう。

中国共産党の対応が注目される。
これだけインターネットが普及すると、インターネット・ジャスミン革命(Internet Jasmine Revolution)は、もう、天安門事件のときのような解決方法では不可能になっている。

温州で起こった列車事故で、中国国民は、発言する権利を持った!

解決方法が不味いと、本当に中国大革命になるかもしれない。

この騒動は、中国だけではなく、人口が多いインドでも起こることだろう。

つまり、マイクロ・ブログなどは、人口の多い国ほど大きな影響になる。