2011-08-14

日本人の女子学生がカナダのナイアガラの滝に落ちて、行方不明!

BBC Newsは2011年08月15日に、当局が、日本からの交換留学生が2011年08月14日日曜日の夜午後8時30分頃、ナイアガラの滝(Niagara Falls)に落ちて、多分死んだのではないかと言っていると報告した。

警察は、彼女が20歳で、カナダのトロントで語学研究していて、カナダ側の滝の端を見下ろす柱に登って落ちたと言っている。

19歳という情報もある。

ナイアガラパークス警察(Niagara Parks Police)は悲惨な事故として死を記述した。

月曜日の朝の時点で、女性の遺体は収容されていなかった。
職員は、彼らが彼女の家族に通知するために日本の領事館に連絡していたと言った。

ナイアガラパークス警察の署長ダグ・ケーン(Doug Kane)は、「この壁に登ることが明確に危険であると思い出させられていて、ナイアガラパークス条例とその規則によって公衆は、禁止されています。」
「何百万人もの訪問者が事件を起こさないで、安全壁に近づかないで、景色の良いナイアガラ滝とナイアガラリバー峡谷を見ています。」
と言っている。

CCTVで事故日曜日に現地時間の20:30頃にナイアガラの滝のカナダの端カナダ滝(Horseshoe Falls)の近くにあるTableロックで起こったと報告していた。

警察は、写真を撮っていて、次に、柱に登り、彼女がブロック柱から離そうとしたとき、足が滑って、川に転落したと言っている。

ナイアガラの滝のカナダの端カナダ滝(Horseshoe Falls)のGoogle Earthポインター情報
43° 4'44.52"N,79° 4'41.04"W
または、
43.079033, -79.078067