2011-08-14

米国で現金が欠乏している州は、オンライン・ギャンブルを狙っている!

米国の新聞ボストン・グローブ(Boston Globe)は、ニューヨークタイムズ(New York Times)のマット・リッテル(Matt Richtel)からの情報として、コロンビア特別区(District of Columbia)の移住者が、ギャンブルを楽しむため、メリーランド(Maryland)、ペンシルバニア(Pennsylvania)、およびウェストヴァージニア(West Virginia)に旅行をしているが、あまりぞくぞくしていないと報告した。

全米の州は、地区必需品のようにギャンブルが毎年発生させる収入で、US$数百万の現金にできることを切望している。

それで、地区の職員は、居住者により近く、実際に彼らの家の中または、カフェ、レストラン、およびバーで、ギャンブルをして欲しい。

年末までには、シントン州の居住者がブラックジャック、ポーカー、および他のカジノスタイルのゲームを使うことができるネット・カジノ・ハブを導入することを望んでいる。

地方予算悲哀への解毒剤の一部として、仮想のギャンブルで国中から通貨を獲得することを考えている。

コロンビア特別区は、それを合法化する最初になり、請求はマサチューセッツ州、カリフォルニア州、および他の州で未だが、アイオワ州がそれを研究している。

しかし、連邦はすべての形式のネット賭博を摘発している司法省と共に、困難に陥るかもしれない。

そして、彼らの努力は合法化されたオンライン・ギャンブルが中毒性の賭けを促進して、個人的な負債問題につながると言う評論家をもたらした。

しかし、州法で許され、連邦法で禁止している事例として、全米で話題になっている医療目的のマリファナの使用があり、同じようなケースを辿るのかもしれない。
では、以前イギリスのオンライン・ギャンブルのオーナーを逮捕したことはどうなるのだろう。
またまた、米国の身勝手な合理主義が可能にするのかもしれない。

つまり、前回は米国が準備できていなかったので禁止!?

まるで、今のモバイル・マネーのようともいえる。

オンライン・ギャンブルが巨額を地方自治体に提供することは、明らかになっている。

そう言えば、時代遅れの石原慎太郎都知事が、ウォーターフロントにカジノを作ると言っていたが、オリンピックの前に、オンライン・ギャンブルが先と言える。

日本には、オンライン・ギャンブルのもの凄い技術者がセガやコナミで多く育っている。

日本のような島国は、マルチランゲージ・オンライン・ギャンブルを作るべきである。

日本政府は、民間が育てた貴重な資産の使い方を知らない!

こんな政治家は、次の選挙で落とすべきである。

地震、津波、原発崩壊の時、なぜマルチランゲージ・オンライン・ギャンブルを否定するか?
それを肯定し、日本の技術を仕えは、世界中で開催できるマルチ・カントリー・オリンピックも可能である。
それを同時に、マルチランゲージ・オンライン・ギャンブルとして展開すれば、世界の貧民国や飢餓に苦しむ人を助けることだって可能になる。

こうしてみてくると、本当に石原慎太郎と言う人は、無能で、馬鹿で、時代遅れの爺ですね〜

あんな高齢者を知事に選んだ東京都民も馬鹿?