2011-08-14

モバイル・マネーの敵、SIMカードの偽登録!南アフリカで反登録!

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、南アフリカのVodacomは、RICA条例の要件の一部として約100万個の不活発なSIMカードを反登録していると確認したと報告した。

条例は、すべてのSIMカードが彼らのユーザー自身によって登録されることを必要としている。

つまり、身元が明らかでないSIMカードは、テロに利用される危険性があり、さらにモバイル・マネーのときに悪用される可能性まである。

アフリカや中南米などでプリペイド式携帯電話の活用法が大きく進化するとき、一番厄介な問題である。
それを完全にしないと、将来に大きな問題を残すことになる。

Vodacomは登録されているが、まだ動かされていないおよそ100万のSIMを特定した。
現在、これらのSIMのすべてを反登録された。

これは、最初に新しい顧客の名前で登録されずに、SIMを販売すると、使用できないことを意味している。

この測定を支えて、Vodacomは登録されたが、30日以内に動かされなかったすべてのSIMが、自動的に反登録される過程を実行した。

また、会社は多数のSIMカードが単独の顧客の名で登録されているか、すべての例をチェックしている。

これが大きな問題で、1台の携帯電話を複数人で利用している場合が、途上国では多い。

会社の登録証明書の場合で、Vodacomは会社と知的財産委員会(Companies and Intellectual Property Commission)は共に、これらの会社の細部について確かめることにしている。

また、会社名で購入されたすべての新しい登録証明書が、同様にチェックされる。

Chief Officer Corporate Affairsのチーフであるポルティア・モーリス(Portia Maurice)は、
「Vodacomは犯罪を減らすという目標を完全に支持します。そして、レターだけではなく、RICAの精神も実行されているのを保証するために司法省と共に働いています。」
「これらの行動を取ることによって、私たちは犯罪者が彼らのアイデンティティを隠すのに使用できた大通りを閉鎖しています。」
「私たちは、彼らが不正行為を打ち抜く追加措置を実行するとき、関連当局と交戦し続けるつもりです。」
と言っている。

最初にいい加減で始まったプリペイド式携帯電話で採用された「SIMカード」が、インドのムンバイ攻撃テロで利用され、その後、モバイル・マネーでも問題になることが明らかになり、大騒ぎになっている。