2011-08-14

ネパールの首相Jhalanath Khanalが辞職。

BBC Newsは、政治上のコンセンサスを進展できないことを認め、ネパールの首相ジャラナス・カーナル(Jhalanath Khanal)が辞職したと報告した。

プレス報道官シュリヤ・タパは、ジャラナス・カーナルがリーダーを潰した相手との会談の後の日曜日に遅く、辞表をラム・バラン・ヤダブ大統領(President Ram Baran Yadav)に提出したと報告した。

政府と反対派は、10年間の内戦の後に、新しい内閣に同意していない。

主要な行き詰まりになる問題の1つは、元毛沢東主義者活動家の運命になる。

彼らは、隣国のインドでも反政府運動家として、攻撃に標的になっている。

シュリヤ・タパは、
「彼は土壇場までコンセンサスを鍛造しようとしました。」
「しかし、党が構成草稿と和平プロセスに同意しなかったので、彼は辞職しました。」とAP通信に話している。

BBCの通信員Surendra Phuyalはカトマンズからのレポートで、首相としてジャラナス・カーナルが議会の役目も兼ねるネパールの国民議会の延長期限が8月31日に期限が切れる3週間前に、6.5カ月の任務を終わらせたとレポートで伝えている。

主として1万9,000人の元毛沢東主義者の活動家の和平プロセスを完成することに関するコンセンサスで、統合、およびリハビリテーションを作れなかったなら、ジャラナス・カーナルは、首相を辞職すると誓っていた。

ネパールの選挙で2008年04月15日に、毛沢東主義が大勝利してしまった!

ネパールが2008年5月に選挙を国民議会に構成した後に、彼は第3代首相に就任していた。

政党内部で、インターパーティーへ行っている交渉で忙しいので、だれが彼の後任となるかは、不明瞭のっま残っている、とBBCの通信員は言っている。

また、党は、構成の予備草案を準備して、8月の終わりまでに和平プロセスに関する基本タスクを完成すると誓約した。

しかし、重要な日付けまで2週間について、党はどんな協定からも遠いままで、コンセンサスに達しないなら、ジャラナス・カーナルの辞職は、危機の新しいフェーズに国を突入させるかもしれない、とBBCの通信員は言っている。

元毛沢東主義者が選挙で勝ってから、実に複雑になっている。

なにしろ、ネパールの歩兵は、日本軍をビルマで叩きつぶした、世界最強のグルカ兵である。
以前、ネパールでロイヤル・ネパール軍の兵隊と話したことがある。