2011-08-14

アウン・サン・スー・チー女史が最初の政治上の旅行を開始!

BBC Newsは、ビルマの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー女史(Aung San Suu Kyi)は去年の11月に軟禁からのリリース以来初めて、ラングーンの外へ最初の政治上の旅行をしたと報告した。

ビルマの主な都市から約80km(50マイル)北のバゴー(Bago)を訪問したとき、彼女は、国の結束を求めた。

彼女がバゴーへのとき、何百人もの人々が、通りに立ち並んで道を作った。

ビルマ当局は、前にそのような旅行が不安を誘発できると警告した。
そして、警備員は移動をモニターしていた。

しかし、BBCの東南アジアの通信員レイチェル・ハーヴェイ(Rachel Harvey)は、最近の移動が、関係における雪解けが進行中であるかもしれないと示唆したと言った。

スー・チー女史はレポーターと支持者をの多くを乗せ、3車の輸送船団で旅行した。

バナーを振って、スローガンを叫んで、何百人もの人々がバゴーへの途中に町と村の道路に立ち並んでいた。

BBCの通信員は、多くが単に長年軟禁で保持された女性をちらりと見たがっていたと言った。

バゴーのパゴダで、群衆は「Long Live Daw Aung San Suu Kyi!」を叫んだ。

66歳のスー・チー女史は、バゴーの近く、Tha Nat Pinの図書館を開き、約600人に演説した。

彼女は、
「私たちが皆、一緒に働いているときだけ、私たちは、この国を発展させることができます。」
「統一は強さです、そして、統一がいたる所で必要です、そして、それが特に我が国で必要です。」
と言った。

彼女は続けて、「私はそうすることができます。」と誓った。

セキュリティは旅行に関する主要な関心事であった。

2003年のときは、古い軍事政権に関係している言われていたグループに攻撃された。

この事件は、数人の人々を殺して、アウン・サン・スー・チー女史に7年間の軟禁をもたらした。

しかし、今の政治家だけでは、ビルマの再建は不可能だと言うことである。

そして、彼女は命を掛けて、行動している。

バゴー(Bago)のGoogle Earthポインター情報
17°19'49.03"N,96°29'34.75"E
または、
17.330286, 96.492986