2011-08-02

モバイル金融サービスは、20億人の生活を改良するかもしれない。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、「Banking the Unbanked; Mobile Financial Services May Improve the Lives of Two Billion」を公開し、銀行ではない銀行制度をかき回すモバイル金融サービスは、20億人の生活を改良するかもしれないと報告した。

モバイル金融サービスはパキスタンで、2020年までに20%が新しい銀行制度にかき起こされることで、金融制度が改良されるかもしれないと報告している。
インドでは、銀行ではない銀行制度の正式な貯金口座をもっている人々の数が1億4200万増加するかもしれない。
バングラデシュでは、モバイル金融サービスがUS$5億になり、それに従って、租税収入を増強するかもしれない。

そして、セルビアでは、それから創り出される2万3000の新しい雇用に通じるかもしれない。

これらは、Telenor Groupを代表してBoston Consulting Groupによって、次の10年間で5つの市場のモバイル金融サービスの効果について調査が行われた新しい研究における調査結果のいくつかである。

また、研究は、マレーシアの経済的不平等が5%減少して、現在のカナダと同じようにするかもしれないことを示している。

開発途上地域では、銀行のような伝統的な金融サービスに近づく手段を持っていない25億人以上の大人達(人口の約72パーセント)がかき起こされることを意味している。

同時に、これらの同じ新興経済におけるおよそ25億人は、携帯電話を持っている。

モバイル金融サービスで、それが現在かき起こされる20億人の携帯電話ユーザーまでのあるかもしれないとき、この手段に役立つことができる。

研究でカバーされた5つの国のすべてで、モバイル金融サービスには、2020年を通して財政的な除外を5〜20%抑えて、GDPを最大5%増強する可能性があると報告している。

実は、モバイル・マネーが、先進国では現金、チェック、クレジットカード、およびデビットカードを使用して、同じようなサービス提供していることから、それほど大きな役割を担えないが、銀行制度が確立されていない発展途上国で、もの凄い効果を発揮すると言っている。

これは、私が以前から言っていることで、お金の世界が変わるのは、実は新興経済地域である。

このレポートは、Telenor Groupが4月に公開している。