2011-08-02

モバイル・ペイメント・サービスにおける隠されたコスト。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、While Americansが勘定を支払うのにまだ多くの現金、チェック、クレジットカード、およびデビットカードを使用していて、さらに携帯電話かデジタル財布で支払うことなど、新しい電子メソッドは現れていると報告した。

CR(Consumer Reports/コンシューマ・レポート)によれば、ジャンプする前に、消費者は損失責任とそれらが提供する消費者保護における不一致を意識しているべきであると報告している。

これらの新しい支払選択へのCRの最新の調査によって、銀行と技術会社が毎日のトランザクションによって生成された料金における1年あたりUS$500億のよりすばらしいシェアを奪い合っていることが判った。

PayPal、Obopay、Square、Zong、およびFaceCashによるいくつかのサービスで、既に携帯電話による購買の代価を払うことができるが、いわゆるデジタル・オンライン決済サービスはすぐ、市場に投入される予定になっている。

Googleは、5月に今年の夏にバージョンを始めることを計画していたと言った。

少なくとも米国には、1ダース以上の銀行と協力してVisa、イシス、TモバイルのAT&T MobilityとベライゾンWirelessの合弁事業、そしてPayPalモバイルの店頭技術という、3種類の競争しているデジタル財布が今年から、2012年に着手が計画されている。

CRの編集者ジェフ・ブリスカル(Jeff Blyskal)は、「支払いのこれらの新種が、より人気があるようになるので、消費者は新しい便利さの約束に関連している保護でコスト、および不一致を理解しているのに慎重であるに違いありません。」と言っている。

すべての誇大広告にもかかわらず、消費者は、彼らの携帯電話でまだ支払うために、やかましく要求しているように思えないと言っている。

Consumer Reports National Research Centerによる最近の全国的に代表している調査によると、調査応答者の5%だけが、前の月の間に、その日その日の購買の代価を払うのに彼らの携帯電話を使用したと報告している。

つまり、現金、チェック、クレジットカード、およびデビットカードを使用して、同じようなサービスとして、モバイル・ペイメント・サービスが導入されても、それほどの魅力を発揮できないかもしれないと言うことだろう。