2011-08-02

タイの信用調査機関は、携帯電話負債の詳細を集めたことを否定。

Cellular-NewsはBangkok Postからの情報として、タイのNCB(National Credit Bureau)がモバイルネットワークAISの元顧客による顧客がモバイルネットワークで傑出している負債を精算しないなら、彼らの顧客の信用利用の経歴をブラックリストに載せているというクレームを否定したと報告した。


NCBの社長スラポール・オパサティエン(Surapol Opasatien)は、政府機関がモバイルネットワークを含んだ費用の負債の詳細を集めないと地元マスコミに言った。

負債を精算しない場合、政府機関と共にブラックリストに載せると主張した取り立て屋の苦情が、不当にあった。

スラポール・オパサティエは、「私たちは借り手か消費者を脅かすのに金融商品として、NCBを使用することに関する多くの苦情を受けています。」と言ってる。

クレジットデータが、債権回収ではなく、ローン可決に使用されるべきであると言い足して、彼は、これが不正確であることに注意した。

もっとも、彼は、政府機関が、ユーティリティとして請求書負債であったならば、より高いマークを国に与えて、国のビジネスをする容易さに関する最近の世界銀行レポートが記録されているように、政策を転換すると考えていたことに注意した。

通常、国のビジネスをする容易さは、法的なシステムの信頼性、および貸倒れを回復する容易さを含んでいる。

AISは、ブラックリストに関して不当な要求をする会社の契約法を集める負債を終えたと言った。