gaYa広告

2010年11月15日

上海の膠州路大規模火災事故が発生した。

上海市静安区膠州路であった高層ビルのマンションで午後14時15分に火災が発生し、58人が死亡した「11・15」膠州路大規模火災事故(“11·15”特别重大火灾事故)が発生した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

完全に消火作業が完了したのは夜22時33分と報道されている。
火災発生時にはヘリコプターも4機投入され、屋上に避難した住民の救助にあたったが、濃い煙のため成功しなかった。
上海警察は2010年11月19日、この火災事故であらたに4人を犯罪容疑者として法律に基づき身柄を拘束したと発表した。
公安機関に身柄を拘束された犯罪容疑者はすでに12人にのぼった。
上海警察は、公安機関の連日の緻密な捜査により、上海静安区建設総公司、静安区建築工程監理有限公司及び上海迪姆物業管理有限公司の4人の関係責任者が「11・15」膠州路大規模火災事故(“11·15”特别重大火灾事故)に重大な責任があるとして、11月18日に法律に基づき身柄を拘束したと述べた。
これ以前に、公安機関は上海佳芸建築装飾工程公司の2人の責任者を含む8人の犯罪容疑者の身柄を法律に基づき拘束している。

死亡者の大部分はビルの居住者であった。

この災害は、近代都市で起こる公共の怒りとして話題の焦点になった。

火災のあったマンションでは外壁や窓枠サッシの改良工事が行われていたが、外壁には保温のためにポリウレタン発泡樹脂の吹きつけ作業も行われていたことが分かっている。
火炎は初め、28階建てのビルの周りの網に火をつけた無免許の溶接工の不注意が原因とされた。

事件は建設会社と政府機関省庁の不正な関係が、どうサイトの安全性の欠如に貢献したかかに関する疑惑に注目が集まった。

58人の犠牲者の大部分は煙と蒸気による窒息で死亡した。 71人が負傷した。

上海市内では、1996年に四川中路で死者36人、負傷者19人を出した火災が発生している。

上海市静安区膠州路の火災現場のGoogle Earthポインター情報
31°14'8.35"N,121°26'22.79"E
または、
31.235556, 121.439722

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。