2011-08-02

イギリスの大手銀行バークレーの利益は、3分の1まで下落。

BBC Newsは、バークレイズ(Barclays)は1年の最初の6カ月で£26億の税込利益を報告したが、それは昨年から33%下がっていたと報告した。

また、銀行は、今年既に1,400のポストを切ったので、2011年に少なくとももう1,400の仕事を削減することを目指したと言った。

半年の利益における下落は支払い保護保険(PPI)の誤販売のクレームを解決することへの£10億の支給で一部引き起こされた。

しかし、銀行は、貸倒れで大きい低下を報告して、イギリスのビジネスの貸す目標を達成するためにそれがコースにあったと言った。

貸倒れのための金額は昨年にスペインやポルトガルなどの困ったユーロ圏の経済への露出、より良い管理のため41%下がって、£18億になった。

バークレーの利益の大部分は、前の米国銀行リーマン・ブラザーズの地域を含んでいる投資銀行部門バークレー・キャピタル(Barclays Capital)から来ている。

しかし、この分割の調整された利益は下側のリターンのため、債券と商品への投資から£23億に9%落下した。

バークレイズと言えば、元英国領で最大の銀行である。

それが、苦しんでいる。