2011-08-02

Foxconn、製造ロボット化を増やす!

BBC Newsは、アップルを含む製品を組み立てを行っている台湾人のエレクトロニクスメーカーFoxconnは、安い人件費を利用してきたが、今後は急激に工場での自動化された設備の使用を増強すると言った。

地元マスコミによれば、チェアーマンのテリー・グー(Terry Gou)は、来年までに30万台のロボットの導入を計画していると言っている。

Foxconnは現在、1万台のマシンで基本的な製造仕事をさせている。

会社には、過去の賃金紛争や労働者自殺などの主要な労働問題があった。

テリー・グーのコメントは、最初に新聞「中国Business News」と「FT(Financial Times/フィナンシャル・タイムズ)紙」によって報告された。

会社は、以来声明をリリースし、テリー・グーが100万人の従業員を「価値連鎖により高く」動かしたがっていたと言っていた。

声明ではテリー・グーは、オートメーションに向かった移動は「製造における、等しく私たちの操作の成功に重要な研究開発や、革新や他の領域などの、より多くの定型業務から、より付加価値が付いた位置までの労働者」を移行させることを目的とされたと言い足した。

その背景にはさらに、賃金の上昇が挙げられている。

Foxconn、および他のメーカーは、内陸の工場と生産基盤を移転させることによって、コストのこの増加を相殺してきた。
そこでは、労働、陸、およびエネルギーがしばしばより安い。
アナリストの中にはオートメーションが、費用を節減する別の方法であるかもしれないと言う人もいる。

北京のIHS Global Insightの中国のアナリストであるアリステア・ソーントン(Alistair Thornton)は、会社が「低コスト生産のためのオートメーションの次のフェーズでトップに立っていた」と言った。

中国の低賃金は蜃気楼になり始めている。

中国より安い賃金の国が、ベトナム、インド、ブラジルを初めとする中年米にある。

「労働人口を倍にすることによって生産を倍にすることが、もう簡単でない。結局新しいマシンを買うことは、現在、より安いかもしれません。」と、彼は言い足した。

Foxconnは、労働者を機械のように扱ったとして起訴したが、それなら文句を言わない機械にしようと言うのは自然の流れだろう。

Foxconnは今年から、ブラジルでiPadを組み立て始める!と報告していた。

北京市が外資企業の賃金は、中国企業の最低賃金の1.5倍以上を明示!している。