2011-08-02

IMFは、イギリス経済成長への詳細リスクを公開!

BBC Newsは、IMF(International Monetary Fund/国際通貨基金)が、イギリスにはまだ、インフレーション、成長、および失業への「重要な」リスクがあると言ったと報告した。

イギリスの最新の査定でIMFは、今年、成長は1.5%-以下と政府が予想する言った。

それは経済の現状に「適切な」状態で現在の緊縮政策を支持した。

しかし、それは、政府が、降下している住宅価格などの新しい経済問題に反応する必要であるかもしれないと警告した。

予算課は2011年の成長を1.7%と予測していた。

最もありそうな「主要なシナリオ」で国際的な財政的な監視委員と貸し手は、インフレーションが2012年の終わりまでに、成長が2.5%まで加速し、2011年の5%から2%まで下がると予測した。

しかし、IMFは、このシナリオに関して「実質的な」不確実性があったと警告した。

経費削減の影響、石油などの商品の高値、ユーロゾーンと降下している住宅価格における経済「混乱」は経済をコースから外れるかもしれない。

住宅価格の比率が収益を平均するために比較されたと警告されたレポートは、30%まだ歴史的な平均を超え、したがって個人消費を制限して、意味価格が下落した。

また、イギリスの銀行システムがローンのUS$1780億(£1110億)の価値を3つの最も困ったユーロ圏の経済、ギリシア、アイルランド共和国、およびポルトガルに持っていたと見積もっていた。

総資本の25%は、2011年の第1四半期にイギリスの銀行を固守した。

したがって、これらの国がそれらの債務を返済する能力に関する継続する不確実性はイギリスの金融システムに重要な危険を引き起こす。

それは、これらの危険が具体化して、成長が失速するなら「マクロ経済政策の重要な緩み」が必要であることを示した。

これは、支出を上げるために、減税を含むかもしれない。

また、IMFは、英国中央銀行が、経済で有効な信用金額を増加させる過程で、量的緩和に戻る必要であるかもしれないことを示した。

しかし、IMFは、成長が予想より良いはずなら、英国中央銀行がインフレを抑えるために金利を上げなければならないかもしれないことを示した。

レポートには、イギリスの銀行業における崩壊の危険を制限する測定と金融システムを支えたが、危険が残っていたと書かれていた。

また、イギリスが他の発達した経済ほど高度でないままで残っていたことを示したところで、それは財務報告における改良を求めた。

Related Dates