2011年07月23日

元FIFAプレジデント候補者、収賄未遂で有罪!永久追放!

BBC Newsは、62歳のカタール人で、元FIFAプレジデント候補者であったモハメド・ビン・ハマム(Mohamed Bin Hammam)の収賄未遂に関して有罪であると判決され、サッカー界から追放されたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

FIFA理事会の倫理委員会は2日間の公聴会の後に、2011年07月23日土曜日に決定をした。

先月FIFAプレジデント選の前に票を買うのを試みるので、モハメド・ビン・ハマムは起訴された。

モハメド・ビン・ハマムは選挙から引き下がり、ゼップ・ブラッター(Joseph "Sepp" Blatter)が改選されることで反対者はいなかったと伝えている。

FIFA理事会の倫理委員会副議長ペトリュス・ダマセブ(Petrus Damaseb)は、「アジアサッカー連盟の元代表は、国家的、そして、国際的なレベルにおけるどんな種類のフットボール関連の活動もにかかわることができません。」と言っている。

Timeline
Continue reading the main story
* 18 March 2011 - Mohamed Bin Hammam announces intention to challenge Sepp Blatter for the Fifa presidency
* 25 May - Fifa announces it is to investigate four officials - including Bin Hammam and vice-president Jack Warner - following bribery allegations made by CONCACAF general secretary Chuck Blazer
* 27 May - Bin Hammam suggests Fifa president Sepp Blatter knew about alleged bribery payments, and that there is a conspiracy to stop him running for Fifa president
* 29 May - Bin Hammam withdraws his presidential candidacy but vows to clear his name over allegations. Fifa suspends Bin Hammam and Warner from all football-related activity and opens full investigation
* 1 June - Sepp Blatter re-elected as Fifa president after running unopposed
* 20 June - Warner resigns from his posts in international football, avoiding Fifa investigation
* 23 July - Fifa ethics committee bans Bin Hammam from football-related activity for life

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。