gaYa広告

2011年07月18日

エクアドル、生と死のアルコールで21人死亡!

CNNは、エクアドル(Ecuador)当局が少なくとも21人が死んだ後に、汚染された飲み物が消費者に届くのを止める応急処置として、アルコール販売を禁止したと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

エクアドル国内のいくつかの地域でアルコール毒入り事件を検出した後に、職員は、日曜日に72時間の国家禁酒法を発表した。

毒は密売酒から検出され、先週だけで病院は100人以上が診察され、少なくとも21人が中毒死した。

エクアドルのPublic Health Ministryは、捜査官が酒から人間の消費を対象にしたに産業用アルコールとして生産されたメタノールを含んだと決心した。

健康大臣のデヴィッド・チリボガ(David Chiriboga)はレポーターに、「それを1カップの4分の1を含んで消費するこは、個人の死を引き起こす場合がある強力な毒です。」と言っている。

またはロス・リオスの知事イエス・ナルバエス(Los Rios Gov. Jesus Narvaez)はCNN系列Ecuavisaに、ラベルされていないボトルの中入れて販売したかもしれないと言っている。

エクアドル政府は、国の医師が先週の火曜日に最初のアルコール中毒に関する症例を見つけたと言いました。
それが日曜日までに、その兆候を見せた103人の患者がその土地の病院に現れた。

ロス・リオス地区の当局は、外出禁止令を実行して、バーを閉め、密売しているアルコールを含むラベルされていない何百本もの瓶を押収した、とEcuavisaは報告した。

酒はエクアドルのフェスティバルの間、ウルダネタ(Urdaneta)、ロス・リオスで膨大に消費された。

警察は、酒の売り手を逮捕して、調査し続けていると言った。

そう言えば、日本でも第2次世界大戦の後、闇で売られた酒で、目が潰れたり、死んだ人がいた。
また、インドやスリランカで、椰子酒が売られ、大量に作るので何日も販売され、最初は旨いがドンドン酸っぱくなり、最後に何人も死ぬという事故が起こっていた。

私も椰子酒が好きで、椰子畑でよく飲んだが、もう危ないと感じてからも、現地の人は呑み続けていた。

椰子酒の味は、アルコール入りカルピスと言った感じで、椰子の実の殻で煽る!

通の人は、もう危ないと、注意してくれた。
生と死の境を渡り歩く、酒の世界!

インドやスリランカでは、毎年数100人が死んでいる。

ロス・リオス(Los Rios)のGoogle Earthポインター情報
1°25'9.02"S,79°28'13.40"W
または、
-1.419172, -79.470389

ウルダネタ(Urdaneta)のGoogle Earthポインター情報
2°11'39.23"S,79°55'17.98"W
または、
-2.194231, -79.921661

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告