2011年07月11日

米国のホワイトハウスまでが、マリファナの医学的価値を認めた!?

麻薬とメディア

The Raw Storyは、DEA(Drug Enforcement Agency/麻薬取締局)が、マリファナへのどんな医学の値もないと主張した数日後に、レポートで「大麻植物の個々の部品」への「some(いくらか)」の医学の値が実際にはあるかもしれないと言って、ホワイトハウスは立場に矛盾するように見えたと報告した。

この発表は、麻薬戦争とその目標の進歩に関するNational Drug Control Policyの年一度の最新情報として、オフィスの小さい部分で書かれていた。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

全体的に見て、そのドキュメントは、マリファナとそれが違法であると見なして、「'医学'のマリファナ('medical' marijuana)」と呼ぶものに関する連邦の禁止を確言するだけであった。

しかし、単一通過はそれらの「マリファナに関する事実」の下で、少し大麻には値が全くない老世代の線から緩むように思えたと書いている。

レポートには「大麻植物のいくつかの個々の部品で、医学の値があるかもしれませんが、マリファナを吸うことが、薬理効果を持っているか、または持っているかもしれない構成分子を届けるための効率が悪くて、有害な方法であるという事実は残っています。」と書かれていた。

米国は確実に、麻薬の底なし沼に足を入れたとも言える。

とくに、「'医学'のマリファナ('medical' marijuana)」と呼ぶもので、無秩序が拡大している。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告