2011年07月12日

スマートフォン?それは、マルウェアのためにも活躍している!

Cellular-NewsはSC Magazineからとして、セキュリティ・アナリストのトリー・ギル(Troy Gill)による凄まじい現状を報告してきた。

マルウェアは大破壊を加える新しい場所として、スマートフォンをターゲットにしている。

マカフィーによって行われた最近の研究は、悪意があるソフトウェアは、1年前と比べて46%の波動でモバイル機器を狙っていることを示した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

サイバー詐欺師は悪意があるアプリケーションで人気があるモバイルプラットホームを感染させている。
そして、残念ながら、どんなモバイル・プラットホームにもこれが引き起こす場合、破壊に免疫がまったくない。

マカフィーのレポートによると、AndroidとアップルのiOSの両方の脆弱性を見落とすべきではないが、シンビアン(Symbian)は最も狙われているモバイル・プラットホームのままで残っている。

Androidのオープンソース・ソフトウェアは、プラットホームの中の上告をで、脆弱性の基礎になっている。

ユーザーはAndroid Marketの中と外で、アプリケーションを取得する自由を楽しむかもしれないが、それはリスクなしでやってきていない。

Googleは最近、Android Marketの中で悪意がある50以上のアプリケーションを検出した。
Android Marketは約26万台のAndroidデバイスにダウンロードされた。

安全と考える場所として、Android Marketができていると考えるのは、危険すぎる。

とくに、iPhoneやBlackBerryなどで話題になった偽物が、マルウェアとともに口を開けて、あり地獄の奥から狙いを定めている。

そう言えば、AndroidはWindowsビジネスの真似だった!

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト