AD SPACE

2011-07-12

スマートフォン?それは、マルウェアのためにも活躍している!

Cellular-NewsはSC Magazineからとして、セキュリティ・アナリストのトリー・ギル(Troy Gill)による凄まじい現状を報告してきた。

マルウェアは大破壊を加える新しい場所として、スマートフォンをターゲットにしている。

マカフィーによって行われた最近の研究は、悪意があるソフトウェアは、1年前と比べて46%の波動でモバイル機器を狙っていることを示した。

[AD] You can advertise on this site.

サイバー詐欺師は悪意があるアプリケーションで人気があるモバイルプラットホームを感染させている。
そして、残念ながら、どんなモバイル・プラットホームにもこれが引き起こす場合、破壊に免疫がまったくない。

マカフィーのレポートによると、AndroidとアップルのiOSの両方の脆弱性を見落とすべきではないが、シンビアン(Symbian)は最も狙われているモバイル・プラットホームのままで残っている。

Androidのオープンソース・ソフトウェアは、プラットホームの中の上告をで、脆弱性の基礎になっている。

ユーザーはAndroid Marketの中と外で、アプリケーションを取得する自由を楽しむかもしれないが、それはリスクなしでやってきていない。

Googleは最近、Android Marketの中で悪意がある50以上のアプリケーションを検出した。
Android Marketは約26万台のAndroidデバイスにダウンロードされた。

安全と考える場所として、Android Marketができていると考えるのは、危険すぎる。

とくに、iPhoneやBlackBerryなどで話題になった偽物が、マルウェアとともに口を開けて、あり地獄の奥から狙いを定めている。

そう言えば、AndroidはWindowsビジネスの真似だった!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.