on-the-time.jp

2011年07月12日

特許争いで、サムソンはアップルの弁護士資格を攻撃!

MacObserverは、チップメーカーが、利害の衝突の主張で、サムソンは、アップルの弁護団の資格を取り上げるように、これまでの裁判では問題にされてこなかった部分をつつき初め、アップルとのサムソンの特許権侵害戦いはおもしろい展開になっていると報告した。

Foss Patentsによると、少なくともアップルの弁護士の大隊の一部が以前に、サムソンを代表した異なった法律事務所で働いていた。
そして、サムソンはそれらの弁護士が潜在的に企業秘密を伝えることができたと考えている。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

問題の弁護士は、サムソンに対する特許戦いでアップルを代表する3つの法律事務所の1つであるBridges & Mavrakakisに加わる前に、Kirkland & Ellisの法律事務所で働いていた。

問題の弁護士がそこで働いていた間、Kirkland & Ellisの法律事務所は、以前に、異なった特許侵害訴訟でサムソンを代表した。

その繋がりのため、サムソンは、その弁護士の存在を「転嫁でBridges & Mavrakakisのすべての弁護士を汚れさせる」と主張した。

そうでないと満足に判明できないなら、すべてをまた、サムソンは、相互作用のためそれらの特許戦いでアップルを代表しながら、3つの法律事務所の間でそれについて申し立てて、潜在的に汚れて、ケースから取り除くべきである。

お互いのモバイル機器と無線技術特許を侵害しているという主張に関する法廷闘争は現在、アップルとサムソンに閉じ込められている。

アップルは、弁護団がこの裁判から追い出されるのを妨げるために間違いなく働くだろうが、サムソンの最新の主張を非難していない。

社員に、機密保持契約書を書かせることは、今では一般的になっているが、裁判での弁護士にも機密保持契約書を書かせる必要が出てきた。

弁護士は、渡り職人のように法律事務所を転々とする人も多い!
サムソンの主張をアップルが非難できないのもわかる。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。