2011年07月12日

特許争いで、サムソンはアップルの弁護士資格を攻撃!

MacObserverは、チップメーカーが、利害の衝突の主張で、サムソンは、アップルの弁護団の資格を取り上げるように、これまでの裁判では問題にされてこなかった部分をつつき初め、アップルとのサムソンの特許権侵害戦いはおもしろい展開になっていると報告した。

Foss Patentsによると、少なくともアップルの弁護士の大隊の一部が以前に、サムソンを代表した異なった法律事務所で働いていた。
そして、サムソンはそれらの弁護士が潜在的に企業秘密を伝えることができたと考えている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

問題の弁護士は、サムソンに対する特許戦いでアップルを代表する3つの法律事務所の1つであるBridges & Mavrakakisに加わる前に、Kirkland & Ellisの法律事務所で働いていた。

問題の弁護士がそこで働いていた間、Kirkland & Ellisの法律事務所は、以前に、異なった特許侵害訴訟でサムソンを代表した。

その繋がりのため、サムソンは、その弁護士の存在を「転嫁でBridges & Mavrakakisのすべての弁護士を汚れさせる」と主張した。

そうでないと満足に判明できないなら、すべてをまた、サムソンは、相互作用のためそれらの特許戦いでアップルを代表しながら、3つの法律事務所の間でそれについて申し立てて、潜在的に汚れて、ケースから取り除くべきである。

お互いのモバイル機器と無線技術特許を侵害しているという主張に関する法廷闘争は現在、アップルとサムソンに閉じ込められている。

アップルは、弁護団がこの裁判から追い出されるのを妨げるために間違いなく働くだろうが、サムソンの最新の主張を非難していない。

社員に、機密保持契約書を書かせることは、今では一般的になっているが、裁判での弁護士にも機密保持契約書を書かせる必要が出てきた。

弁護士は、渡り職人のように法律事務所を転々とする人も多い!
サムソンの主張をアップルが非難できないのもわかる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。