2011年07月12日

イギリスの弁護士会は、メンバーに携帯電話の利用で警告文!

Cellular-Newsは、イギリスの弁護士会(UK's Law Society)はメンバーに、囚人からの携帯電話呼び出しに使用されている携帯電話が不法な所有物の可能性があり、問題になっていることから、うっかり出ると弁護士が犯罪をかすことになる危険性があると警告文を発送したと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

伝えられるところによれば、囚人は、彼らの事務弁護士の携帯電話かオフィス地上通信線への呼び出しを含む刑務所から電話をかけるのに不法に所有されている携帯電話を使用している。

弁護士会の注意は、彼らに提供された携帯電話の番号を使用することで、不法に所有されている電話に電話をかけているとわからずに、うっかり彼らが不法に使用している携帯電話を呼び出すかもしれないと弁護士に警告した。

弁護士は、相手が使っている携帯電話が不法か合法かまでは判らない。

弁護士が掛かってきた電話にそのまま電話すると、不法の携帯電話の場合、犯罪になる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト