gaYa広告

2011年07月12日

イギリスの弁護士会は、メンバーに携帯電話の利用で警告文!

Cellular-Newsは、イギリスの弁護士会(UK's Law Society)はメンバーに、囚人からの携帯電話呼び出しに使用されている携帯電話が不法な所有物の可能性があり、問題になっていることから、うっかり出ると弁護士が犯罪をかすことになる危険性があると警告文を発送したと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

伝えられるところによれば、囚人は、彼らの事務弁護士の携帯電話かオフィス地上通信線への呼び出しを含む刑務所から電話をかけるのに不法に所有されている携帯電話を使用している。

弁護士会の注意は、彼らに提供された携帯電話の番号を使用することで、不法に所有されている電話に電話をかけているとわからずに、うっかり彼らが不法に使用している携帯電話を呼び出すかもしれないと弁護士に警告した。

弁護士は、相手が使っている携帯電話が不法か合法かまでは判らない。

弁護士が掛かってきた電話にそのまま電話すると、不法の携帯電話の場合、犯罪になる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト